最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

日本の小学校の先生

今回の帰省で、初めて日本の小学校へ通った次女の、


担任の先生には、すっかりご迷惑をお掛けしてしまったけれど、


そんな中で、日本の学校の先生方の手厚いサポートには、感心するばかり。
IMG_3644.jpg
毎日迎えにきてくれたお友達。


連絡帳で、こまめに状況を知らせていただいたり、


こちらからのお願いごとを伝えたり、


先生から直接お電話をいただいたりは、


3人ともに共通して対応していただいたこと。

__________________________
なんと、子供たちが通うメキシコの小学校には、連絡帳どころか、


年間も月間予定表も、学年便りも、先生からの電話連絡も、


ない。


先生は、子供たちの下校時刻と一緒に、学校の門のカギを閉めて帰宅する。


日本と比べるとラクな仕事だろうな~。もちろん賃金は雲泥の差だろうけど。
------------------------------------------------‐‐‐


初めて長男が日本の小学校へ通った4年前から、


教科書やドリル、楽器の貸与に始まり、


たった2週間の通学でも、


最後は引っ越してしまうクラスメイトと同じ扱いで、


クラスの一人一人がお手紙を書いてくれたものを1冊にまとめて、


文集にしていただけたり、本当に受け入れ体勢がすばらしくて、感動だった。


特別支援学級の先生なのか、担任の先生以外にも、


各教室を見て回っている先生がいて、


長男が2年生のころ、「???」となっていたときにも声をかけてくれていたし、


今回、次女の1年生のクラスには、副担任の先生までいて、


サポート体勢がすばらしかった。


給食はおいしい上に、栄養バランスに優れていて、


毎晩、「明日の給食はなにかなー」と献立表を子供たちと眺めるだけでも、


ものすごく楽しい。


その日の給食メニューは、近所のスーパーにも入口に大きく掲示されていて、


今晩のおかずとかぶらないようになっている。


なんて手厚いサービス。すごいな。


そうそう、「サービス」といえば、学校の先生は、


生徒と言うお客様を相手にした、サービス業のようだ・・・


などと思ってしまうこともあったなぁ。


手を替え品を替え、楽しく学校生活を送れて、学べるようになっていて、
IMG_3798.jpg


こまごまと家にも連絡があって、これを毎日やる先生方のお仕事は、


どれほど大変なことだろう・・・。


今回の長女の担任の先生は、さらに、クラスだよりのような、
IMG_3875_2017042306141584b.jpg
前日の子供たちの作文や感想文をまとめたものを配ってくれる先生で、


授業の内容や様子が、垣間見れて有難かった。


ただ、毎日のプリント類の山、宿題の手伝いやサイン、3人分の毎日の予定を、


だんだん管理しきれなくなり、


私の友達との約束が、授業参観の日と重なっていることに、


数日前に気づいてドタキャンしたり、


日本のお母さんは、どれだけ管理能力に優れているんだー!


と感心させられる日々でした。

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。