最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

種まき

日本へ行ったり、メキシコへ戻ったり、


ブログの話題が、あちこち飛びますが、


今日は、メキシコ。


先週、春休み最後の週は、トウモロコシの種まき。


まきまき。
image2a.jpeg
長男は、パパに付いて朝から夜までずっと畑でお仕事。


私はといえば、10人分のご飯を準備して、後から車で乗り付ける。
image1a.jpeg


初日は、義母の実家から一週間泊まりに来ていた親戚親子や、


うちの女子2人+いとこくんを乗せて、畑まで。


私も人を乗せて、畑を案内するようになったかぁ・・・。


畑でご飯が終ったら、子供たちは、遊び半分に種まきを手伝って夕方まで。


日によっては、玄関先のお店の状況によって、食事を終えたらとんぼ返り。


ここで一番役立つのは、人よりも馬。
image3a.jpeg
うま語を話す人間の言うことをしっかり聞く。かしこいなぁ。


しかし、子供たちのこの順応性。
image14.jpeg
日本へ行けば、日本の生活。


メキシコへ戻れば、翌日から学校へ戻り、


毎日トルティーヤを食べ、スペイン語を話し、


教会へ行き、畑仕事を手伝い、


違和感なく、適応していくのが、すごいなと思う。


気づけば、メキシコ生活も9年目に突入しています。

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

お久しぶりです。
子供たちの順応性 素晴らしいですね。

日本に戻った私の会社での順応状況は40%位です。
幸いに家族とは、約80%維持してます。

アスタ マニャーナ.