メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
夏休みの日本語勉強
2017年08月03日 (木) | 編集 |
子供たちの学校が休みに入ると、日本語がしっかり勉強できる。
IMG_4915.jpg
特に夏休み。


メキシコの学校は、8月末から新学年なので、


夏休みを挟んで学年が変わる。


今は、日本でいう春休みのような感覚で、


宿題が全くないので有難い~。


期間は、5週間もあるので、ここで普段の遅れをしっかり取り戻したいところ。


相変わらず試行錯誤の日々だけど、


良くなったことといえば、3人が3人とも小学生になったので、


邪魔が全く入らなくなって、ラクだし、集中できるようになった!!


長男が低学年のころは、本当に、ほんとーーーに大変だったなぁ。


例えば、長男小2のころ、下の二人は、4歳と2歳。


長男に教えている横で、ギャーギャー泣いたり、騒がれたり、


次女を抱きかかえながら、長女にも何かお絵かきでもさせながらで、


終ったらグッタリ。思い出すだけでも頭が痛くなる。


子供たちのイトコ、ハトコたちも、夏休みになると、


普段よりもかなり一緒に遊ぶ率が高くなるけれど、


「宿題やってるから、あとでね」というセリフも、


もう、なんともなく聞き入れてくれるようになった。


<日本語の勉強が終われば、遊べる>が、みんなの常識になっている。


初めのころは、「え?なんで宿題?」


「なんの勉強?なんで、なんで?」


自分の子供たちに説明するよりウルサかった時もあったし、


みんなは一日中遊びほうけてるのに、


自分だけ机に向かわなければいけない状況に、


なんで僕だけ?私だけ勉強?なんて質問も、


もうされなくなって長い。


その間、何度も、もうやめてしまおうかと、思ったけれど、


でも、一番上が肝心。


一人目がやっていれば、下は自然とついてくると、


どこかで読んで、そうだなと信じて頑張ってきたけど、


本当にその通りだった。


上の二人は、毎日やることさえ決めてしまえば、


勝手に自分の都合のいい時間に始めるし、


次女の取りかかりが少し、上の二人より遅い時があるけれど、


でも、長男が2年生の時と比べれば、


今、次女が2年生の勉強をしている状態は、


かなりスムーズ。
IMG_4911.jpg
国語の教科書の絵のことで、楽しそうな二人。


国語
・音読(日本の「国語」の教科書を順番に読み進める)
・教科書ワーク2ページ(音読と同じ部分)
・漢字か言葉のドリル系1~2ページ

算数
・ドリル2ページ
(次女は、ドリル1ページに、九九を日本語で暗唱。)

が基本、毎日やること。


こうやって書いてみると、たいした量じゃないなぁ。


プラス、日記を書く日があったり、


漢字テストをやったり、


教科書の内容によっては、作文をしたり。


相変わらず、漢字がネックで、長男は小6の国語の勉強プラス、
IMG_4916_20170803134232377.jpg
小3の漢字を復習しているところ。


夏休みも、折り返し地点。


明日から、もうちょっと量を増やすかな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック