最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

メキシコの祭壇

メキシコは今、日本のお盆にあたる「Dia de muertos(死者の日)」の祭日中。11月1日と2日は、学校もお休みです。土日と合わせて4連休中のリィ。


そんなリィの休み中の宿題は、Ofrenda(祭壇)を粘土で作ってくること。私もまだ2回しか経験したことのない、死者の日。リィはもちろん、私もじっくり祭壇をみたことがないので、実物を見にいかなくては。


去年は、義父母宅でも祭壇にお供えをしていたんですが、今年は飾らないとのこと。ふもとの町にいるパパのおばさんの家は、以前、豪華に飾っていた覚えがあったので、そこへ連れて行ってもらいました。


長いテーブルを縦に使い、お花やキャンドル、死者の日のパン、果物、亡くなった方が好きだった食べ物や飲み物が備えられています。
saidan2.jpg
横から見せていただいて、これがおじさんが好きだったお酒、これがお母さんが好きだったお花、これがお兄さんが好きだった……と説明をしてくれるおばさん。途中で泣き出してしまいます。


祭壇の前には、もう1つテーブルが置いてあり、亡くなった方が帰ってきたら食事ができる用意がしてあります。
saidan3.jpg
その椅子へ座らせてもらい、宿題をするリィ。横でリンも粘土遊び。


出来上がった、宿題はこんな感じ。
saidan.jpg
伝統を学ぶ、いい宿題だなぁと感じました。


今日もご訪問ありがとうございます。ランキング参加中。
↓クリックしてもらえると順位があがります。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ   

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

本当にいい宿題~。
見て話しを聞いてだけじゃなくて、粘土で作るっていうのがいい。こういう宿題が無いと、飾ってあるのを眺めるだけで、、。なかなかじっくり話を聞いたりしないですもんね。

代替画像

Re: No title

ピギママさん
こんばんは。
ピギママさんに祭壇には何がのってるのか聞いた時には、まさかこんな宿題がでるとは思っても見なくて…。
子どもも楽しく学べていいですよね、この宿題。日記にも、自分が作った祭壇をさらに絵にしていましたよ。