メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
架空の話で想像してみたけど、やっぱり理不尽な実際の話
2017年11月13日 (月) | 編集 |
メキシコの小さな村で、子供たちの好きそうなピザやホットドッグ、


大人も楽しめるマフィンやシナモンロールを焼いたりしながら、


家の玄関先で売っています。


メキシコでは、皆よくパンを食べるけれど、


メキシコのパン屋さんでは売っていないようなパンもおいしいよーってことを伝えたくて、


あれやこれやと並べて、楽しくやっています。


ここからは、実際にあったことではなく、値段も含めすべて架空の話なのですが、


もしも・・・


私が、ピザ1切れを20ペソで売って、喜ばれて人気のお店になっていたとして、


その後、家のはす向かいに、新しくお店が出来て、


そこのお店で、小さなピザを5ペソで売り始めたとします。


サイズや味は違ったとしても、あまりの値段の違いに、


お客さんはそちらに流れるだろうし、


目の前で、自分のやっていたことを真似されたような気になって、


決して気分は良くないだろうと思います。


その日に用意したピザが売れ残ったら困るし、


売り上げが減るのも、もちろん嬉しくない話。


架空の話だけれども、自分もお店をやっているので、その気持ちは、十分想像できる。


でも、


だからといって、その人たちに、


「ピザを売るな」とも、「うちとおなじ20ペソで売りなさい」なんてことも、言うことはできない、


ですよね?


これ、間違ってますかね?


ビジネスってそういうもんですよね。


それとも、ここはメキシコで、日本じゃないから、自由競争の原理は通じない?


さて、架空の話は、ここまでで、


先日、玄関先の店の話ではないのですが、これと同じようなことが、ありました。


ピザやパンの話でもないんですが、


私は、さっきの架空の話でいうと、新しくできた、はす向かいのお店の立場。


イベントで私が売っているものの値段が安すぎて、以前から売っている方から、


品目がかぶっている商品は、値段をそろえるようにと、指示されました。


自分が売る品物は、どれも、しっかり原価計算しているので、


十分利益があっての値付けだし、


同じ品目を売っていても、サイズも中身も違うハズ。


あまりに理不尽すぎる話だったのですが、


主催者の方に迷惑をかけることになりそうな流れだったので、


身を切る思いで、ある品物の値段を5ペソから20ペソに上げました。


身を切るって、おおげさやろ、と思われるかもしれませんが、


でもね・・・いつもいつも、どのイベントでも5ペソで売っているものを、


急に4倍の値段で売るのって、ぼったくりですよ。


自分でも「いくらですか?」「20ペソです」って言いながら、


「こんなもんが20ぺそもするんかよ!」って、


心が痛かったです。


この記事を書くにあたって、


そんな圧力をかけることは間違っていることを、


きちんと伝えるには、どうしたらいいかなと思い、みつけた良いサイト。


経済の基本をマンガで学べる、


「自由競争と独占禁止法」のページ↓
http://manabow.com/hayawakari/hayawakari11_1.html


簡単でとても分かりやすい。是非読んでもらいたい、デス。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック