FC2ブログ
メキシコの片田舎に暮らして、丸9年・・・
荷物が無事届きました
2018年08月13日 (月) | 編集 |
7月26日に東京を出た荷物が、8月10日に私書箱に届きました。


月曜日に配送業者から電話で、今週の水曜か木曜にまた配達に行くから電話する、と言ってたのが、


水曜にも、木曜にも電話はなく、不安に、、、。


結局、金曜日の朝一番に電話が鳴り、


今から私書箱のある町に配達に行くので、「取りに来い」というのを、


「郵便局長と話して、受け取ると言ってくれているから、郵便局に届けてくれ」と話し、


その日の夕方、郵便局に行ってみると、無事荷物は届いていました。


普通に、いつも通り日本の郵便局から出したEMSなのに、


いつも通りの私書箱宛なのに、スターフラッシュという代行の配送業者が配達したため、


どうしても受け取りのサインが必要らしく、


受け取ってくれた局員さんが、「どうしても荷物を置いて行くのがイヤだったみたいで、


私が代わりにサインしておいたわ」と言っていたけれど、


こういうメキシコの、何か新しいことを始めると、変に融通が利かなかったり、


時々頑固なくらいに律儀だったりして困る部分。


いつもの目安は1週間ちょっとで手元に届くので、


2週間もかかった、やっと、届いた、、、と思っていたけれど、


地球の裏側から、必要なものが翌月には手元にあるというのは、本当に有り難く、助かること。


不要な服や靴を、親戚が東京の母宅に送ってくれるので、それと、


自分でインターネットで必要なものを買って、母宅へ届くように手配しておいて、同封してもらう。


欲しい食材や子供達の欲しいものリクエストで、EMSの荷物の最大容量20kg満タンにしてもらい、


立て替えてもらっている送料は、日本の銀行口座間で母の口座へネット振込。ホント便利な時代です。


夏休みがあと一週間で終わってしまうけれど、


国語の勉強には欠かせない教科書ワークも届いたし、がんばろー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック