FC2ブログ
メキシコの片田舎に暮らして、丸9年・・・
死者の日の喧騒後、3日休業して復活
2018年11月07日 (水) | 編集 |
日本のハロウィンのようなバカ騒ぎはありません。(バカ騒ぎは渋谷だけ?)


ハロウィン時期のメキシコは、


ハロウィンの起源と同じく、死者の魂が現世に戻って来ると考える「死者の日」として、


日本でいうお盆と同じようなゆっくり休暇の時期。


だけど、私にとっては、パンと戦う日々。


この時期だけのパンはこちら→死者の日のパン


普段は、のんびり、自分のペースで玄関先にお店を開けていますが、


10月中旬から11月に入って数日は、まさに忙殺。
2018110702411664b.jpeg
気がついたら祭壇も片付けられ、残ったものがまとめられていたので一枚。


パンのために寝て、パンのために起き、パンのために食事をする日々。


わかっています。無茶なのは、


家庭用オーブンに、ホームベーカリーで、50個、100個の注文に応えようとしているから。


昨日までで、949個販売。


家族親戚に配った分も合わせると、1000個以上は焼きました。


小さいサイズでも、大人の手に乗せてちょうど掴めるくらいのサイズ。


家のオーブンでは、最大で18個しか焼けません。


大きいサイズなら8個しか入らない。無理すぎる。


今年、最初に注文を受けたのは、ふもとの町に住むパパのイトコ。


去年とほぼ同じく、大を40個、小を40個。


それでも、80個かぁ、焼けるかなぁ、、と不安になりながらお金を受け取り、


スケジュール組み開始。


その後は、義姉が職場の同僚から頼まれてくる注文が相次ぎ、


「小100個頼みたいんだけど、、」と言われた時は、


「もしかしたら無理かもしれない」と念のため伝えました。


「二日に分けて焼けばいいじゃなーい」と、トルティーヤを焼く人は簡単に言うけれど、


でもね。。。パンって一次発酵、二次発酵、丸めるにも力がいるし、


生地ができていればすぐに焼けるものじゃないので、


本当に手間と時間がかかるんです。


100個注文のお客さんは、死者の日の1週間前に受け取りだったので、
20181107024056c9f.jpeg
なんとか出来上がり。


でも、受け渡しの時に、「死者の日前日に、あともう100個頼みたいんだけど」と言われた時は、


「いや、それはム・・むり・・・です」と断りました。


たぶんパン屋と間違ってる。ここ普通の家なので。


でも、100個の2日後にあと50個ならと約束し、「手がもつかどうか・・」


とことわりを入れながら、結局作りあげました。


その後も、死者の日前日の大型注文は、結局いくつか断り、


前日、当日になって、急に明日10個とか、コマゴマしたものだけ受けました。


途中、午後から翌日の午前中まで停電した日があって、


頭に巻く懐中電灯をつけてパンを焼いたり、


急に、ハロウィンの夕方、入園前の赤ちゃんとお母さんたちがお菓子をもらいに来て、パンを焦がしたり
20181107024102557.jpeg



追加50個注文を受け渡す日に、チキンカツを1kg分作ってほしいと、義弟に頼まれてどっと疲れたり、


最後の注文分を焼き上げた時は、脱力。


歯磨きをする手も重くて上げられないくらい、腕がおかしくなりました。


でも、焼いた分だけ上手になる気はする。
201811070241132fa.jpeg
死者の日が終わって、「まだある〜?」と来るお客さんのために、ゆっくり焼いた分。


フワフワで、ホント美味しかった。


今年も、お墓は花でいっぱい。
201811070241130ee.jpeg


死者の日の翌日にお墓へ行ったので誰もいなくて、キックベース。
20181107024114b45.jpeg


喧騒の日々は、終わりました。
20181107024116256.jpeg

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック