fc2ブログ
メキシコの片田舎に暮らして、丸10年・・・
オンリーワンでナンバーワン!
2019年06月09日 (日) | 編集 |
あー、ひさしぶり。


昨年の11月から、日本の家族のことで忙しかったり、頭がいっぱいだったりで、


半年もブログを書かずに過ごしてしまった。


書かない間も、


これブログに書いたら面白いな、書きたいな、と思うことは日々あり、


あぁ、2019年だ、もう年が明けて1ヶ月だ、四月だ、令和だ、、誕生日だ、、


と、このキッカケに書き出そう、と何度も思いながら、


PCに向かうと他にやりたい事があって、つい後回しに。。


でも、今日こそは。


珍しく、長男の中学校の行事に出席して、


平日なのに玄関先のお店もお休みにしたので、午後からゆっくり時間がありました。


今日は、長男の通う中学のDía del estudiante(学生の日)のイベント。


そこで、長男がなんと、El rey del estudianteに選ばれました。


直訳すると、「生徒の王様」。


このEl Rey(王様)やLa Reyna(女王)を選ぶイベント、メキシコではよくある行事。


まずは立候補制で、奉仕活動や、人気集めの活動を行なって、


最後に投票で誰が王や女王になるかを決めるちゃんとしたものから、


なり手がいないと最初から指名制で、


形だけの王様の役割をするイベント(村の独立記念日のイベントがまさにそれ)もあり。


長男の中学校の場合は、まずは自薦、他薦問わずの立候補制。


その後、全学年の生徒からの投票で、王と女王が決まり、


二位と三位は、王子と姫になるそうで、


いわゆる、人気投票的なもの??と思いきや、


成績が、10段階で8以上ないと、投票で上位を獲得しても却下され、


実際、三位を獲得した男の子の成績が7.7だったので落選。


勉強もきちんとして、かつ、皆から慕われる存在として認められた、ということなのかな、


これ、親としてはものすごく嬉しいことだー。


長男の場合、クラスの仲良しの女子が、勝手に立候補の用紙を書いて出したらしく、


投票が始まってから、自分が候補に挙がっていることに気がついたらしい。


長男は、普段、口数も少ないし、遊び友達がたくさんいるでもない、


例えば、人気者とえいば?と想像する、


スポーツが得意な爽やか少年でもなく、


クラスでみんなを笑わせるひょうきん者でもなく、


学校が家から遠いせいもあって、放課後は誰とも遊ばず、まっすぐ家に帰って来て、


家でパパの仕事を手伝い、動物の世話などをするか、ゲームやユーチューブ。


これだけしか書かないと、


どっちかというと、人気者のイメージとはかけ離れた、根暗な子と思われそう。


もちろん、良いところは沢山、たくさんあって、彼は彼なりのオンリーワンの人生、


書いたらただの親バカなるのでやめておくけれど、


好きなこと、興味のあることをもっともっと伸ばして、イキイキ生きてくれたらいいな、


と日頃から思っているなかで、


ナンバーワンにもなれたなんて、本当に素晴らしいこと。


日々、学校で一緒に過ごす友達は、長男の良さに気づいてくれているんだな、と、


本当に嬉しくて仕方ない出来事でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック