fc2ブログ
メキシコの片田舎に暮らして、丸10年・・・
いい思い出
2019年07月17日 (水) | 編集 |
長女の卒業式に出席するために、日本から遠くメキシコまで来てくれた父。
20190717055916da8.jpeg
おじいちゃんが寝る部屋のドアに。WELCOMEの文字やメッセージ、イラスト。


メキシコへは4年半ぶり、


ウチまで来るのは、なんと6年半ぶりのこと。


その間、心臓を悪くして、胸に小型のAEDが埋め込まれている。


孫たちに会いにメキシコへ行きたいと言われても、


もしものことがあったら、と思うと、すんなり、どうぞとは言えない状況。


妹に相談したり、イロイロ考えて、今は検査でも特に悪いところはないと言うし、


気候も良い時期だし、これが最後のチャンスかも。


卒業式に出る約束をしてくれていた弟の都合が悪くなったので、この機会に!


滞在中、調子が悪くなった場合には、、どう対応したらいいのか勉強して、


移動場所ごとに、病院の場所もしっかりチェックして、


疲れたら休み休みのスケジュールにして、と毎日2通りの予定を考え、


心配しながらも、準備していたけれど、何事もなく、


元気に楽しい時間が過ごせて、子供たちもいい思い出ができて、ホント良かった。
201907170522314cd.jpeg


メキシコ流が身についてメインの食事は1日2食な私たちよりも、


メキシコでも3食しっかり食べる父のほうが、滞在中よく食べ、


つられて一緒になって美味しいご飯をたくさん食べすぎて、


父が帰国後、みんなして胃をおかしくしてしまうほどでした。


卒業式後、帰国までなか1日の日程だったので、遠くへは行かず、


プエブラ市内に宿泊して、観光しました。その様子も次に。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック