fc2ブログ
メキシコの片田舎に暮らして、丸10年・・・
アメリカ大陸最古の〈公立〉図書館でタイムトリップ
2019年07月26日 (金) | 編集 |
プエブラ観光1日目は、UNESCOにも登録されている、アメリカ大陸最古の〈公立〉図書館、


Biblioteca Palafoxiana(パラフォキシアナ図書館)へ。
201907270414358cb.jpeg


1596年に、神学校として設立された建物が、


現在は、Casa de cultura(カルチャーセンター)となっていて、


図書館は、その2階の一室にひっそりと開放されています。


司教のパラフォックス氏が、1646年に私物の本を学校へ寄付し、
201907270414404ae.jpeg


1647年に図書館として認められるようになったとのこと。


司教 の言葉、


「本なしで何かを成し遂げようとする人は、行き場のない暗闇にいる。


仲間なしで登山をするような、十字架なしで人生を行くような、案内なしで暗闇にいるようなものだ。」


という言葉が、


タブレット上にデジタル本を買うようになった今でも、


本は、何事をするにしても道しるべになってくれる存在だと、再確認させてくれる。


宗教者だけでなく、本を読みたいと望む全ての人へ開放したという話を頭に浮かべながら、


どんな人がこの本を手にしたのだろう、
20190727041438b06.jpeg
どんな気持ちで読んだのかな、と空想を膨らませながら、


グルっと一周。


書棚の番号や、
20190727041436ed0.jpeg
床のタラベラ焼きのレトロな感じもいい。


本を修復する部屋では、作業をされている方がいて、大切に保管されているのが分かります。
2019072704143906c.jpeg


観光前に長女の卒業祝いと次女の誕生祝いにH&Mで買い物を楽しんでから来たので、


小さな一室だけの図書館だけど、じっくり観た後は意外に疲れて、


一階の吹き抜け並んだパイプ椅子で休憩。。


、、、と、、、、ん?何か見覚えのあるような。。あれ、、、、ここって。


そうだ。8年前、東北の地震の後、義援金集めのためにバザーをやった場所だ!


あそこの隅っこで、ちっちゃかった長女と、お友達の息子くんEくんが遊んでた。


あっちであれ売って、こっちに誰がいて、、パパも長男も長女も思い出して、ビックリ。


ここの2階に図書館があったんだね。。その時は、全然気がつかなかった。


370年前にタイムトリップした後は、8年前に戻り、そして今。


不思議な時間移動を体験して、次へ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック