メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
遅ればせながら・・・死者の日のパン作り
2010年11月08日 (月) | 編集 |
先週は、メキシコのお盆にあたる「死者の日」の休日。お墓参りもしたしメキシコの祭壇も見せてもらったし・・・、やり残したことは1つ。


死者の日のパン作り。


うちでは毎年手作りをするこのパン。今年は死者の日をはさんで、大家族にのどを腫らす風邪が蔓延。パン作りの用意はしてあったのに、当日はパパも扁桃腺を腫らして、体調が悪く断念。


左が買ってあった生イースト。
okure6.jpg
右の箱は、普段私が使うドライ・イースト。どちらもレトロな感じ。



あのパンを食べられなかったのは、なんだか心残り・・・。


すると、のどの調子もよくなったパパが、おととい突然「明日パン作る。」と言いだした。


いつもは小麦粉2kgとかで、豪快に手でこねて作るけれど、今は日本から持ってきたホームベーカリーがあるので、こねる部分は機械にまかせたら?と提案し、500gの小麦粉で生地を作った。


このホームベーカリー、小麦粉400gが最大容量。500gで作ると、ちょっと材料が飛び散った跡がありましたが、なんとかできました。15人の大家族にいきわたるパンを作るには、容量が小さい。まぁ核家族がほとんどの日本製だから仕方ないですね。


RECIPE  Pan de Muertos(死者の日のパン:オレンジ&シナモン風味のパン)

小麦粉(日本では強力粉) 1kg
卵 4個
バターかマーガリン 40g
砂糖 250cc(=170g)
牛乳 250cc
生イースト 40g(=ドライイースト20g)
オレンジ 1個
シナモンパウダー 大さじ2

上塗り用の卵 1個
白ごま 適量

(作り方)
1.牛乳を電子レンジで30秒温め、生イーストを加え混ぜる。
2.オレンジをよく洗い、皮をすりおろし、果汁を絞っておく。
3.1.の牛乳と生イーストを合わせたもの、2.のすりおろした皮と果汁、小麦粉、卵、バター、砂糖、シナモンパウダーをホームベーカリーに投入し、生地コースで第一次発酵まで。
(HBの容量に合わせて、材料の量は調整。)
4.生地が出来上がったら小麦粉をふった台の上に取り出し、トッピング用に1/10くらいを切り取り、ガス抜きをして丸める。残りの生地を20等分して同様にガス抜きをして丸め、布巾などをかぶせて15分おく。
5.20等分した方の生地を掌などで押し、平らにし、天板に並べる。
okure3.jpg
6.トッピング用の生地を、少しずつちぎり、パンのサイズに細長くした後、指で押しながら転がして、トッピング部分を作り、5.にのせていく。
okure4.jpg
7.6.に上塗り用の卵を刷毛でぬり、白ごまをのせ、200℃で20分焼く。
okure5.jpg


okure1.jpg
パン作りって、焼けるのを待っている時間も楽しい。

okure2.jpg
できたて試食はリン。ちょっと下が焦げましたが、おいしくできました。


1年に1度しか食べないパンにしておくにはもったいないと思うほどおいしいパン。これでロールパンを作ったらおいしいかもなぁとひそかに思案中。


今日もご訪問ありがとうございます。ランキング参加中。
↓クリックしてもらえると順位があがります。


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
はじめまして。しばらく前から読ませていただいています。
在メキシコ(DF)10年です。メキシコシティの時間に追われた暮らしとは全く違う心豊かな暮らし方に思わず笑みがこぼれます。元気に育っていく3人のお子様の様子もすてきです。こちらは毎日オフィスのパソコンに向かってカリカリしていますがそんなときお邪魔させていただくと気持ちがやさしくなります。Mil Gracias.
2010/11/10(Wed) 01:51 | URL  |  #-[ 編集]
はじめまして!
コメントありがとうございます。
10年もメキシコにお住まいなんですね。メキシコシティには数回しか行ったことがありませんが、いつも車の多さにびっくりしてしまいます。都会の暮らしはせかせかして大変そうな感じもしますが、何でもそろっていいなぁとうらやましく思う時もあります。
私もここに来るまでは、食品&飲食関係の仕事をしていて、日本でもアメリカでも何かに追われながら働いていたので、お気持ちよ~くわかります。
私のブログが何かのお役にたてればとても嬉しいです!また時々訪問&コメントお待ちしていますね。
2010/11/10(Wed) 02:52 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
NoTitle
そうですね。都会は物質・サービス、何でもそろっていてとても便利です。それに惑わされないでいることはたいへんです。特に教育に関しては都会は小さいころから競争、競争で宿題に追われて遊ぶ時間もなく(子供が安全に遊べる場所もありませんが)睡眠時間も少ない生活は子供の人格形成にとってどうなのかなー、と疑問に思います。(でも周りがそうなので落第しないためには走るしかないんですよね・・・。)
Hirokoさんの子育てはとても素敵だと思います。
2010/11/10(Wed) 04:02 | URL  | Kaori #-[ 編集]
Re: NoTitle
Kaoriさん
メキシコでも都会は、子供の教育が日本と同じような競争なんですね。子供が安全に遊べる場所がないっていうのは、問題ですよね。時間もないから、遊ぶ子もいないのかな。大変なんですね…。
私の子育てが素敵だなんて、初めて言われました。うれしいです。でも逆に、田舎にいるとゆったりした空気に流されすぎないように気をつけなきゃ、といつも思います。
2010/11/10(Wed) 14:15 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
NoTitle
HIROKOさん、こんばんは!
実は昨日メキシコから戻った旦那の同僚に死者の日のパンを頂いたんです。来年まで食べられない・・・と思っていたのでちょっと嬉しかったです。早速今日の朝に食べたんですけど美味しかった~。このパンは私の好きな味です!そして今HIROKOさんのブログを見て本場のパン作りを見てかなり興奮。旦那様が作って下さる所もまた素敵です。なるほど、オレンジも入っているんですね。それにしても焼きたてが食べられるHIROKOさんがうらやましいです~。でもレシピを載せてくださったので来年は私も手作りしてみようと思います。そうそう、頂いたパンもちょっと下が焦げてましたよ(笑)。でもそれも香ばしくて美味しいですよね!素敵なレシピありがとうございます♪
2010/11/10(Wed) 15:12 | URL  | はぽねした #awEUW5xo[ 編集]
Re: NoTitle
はぽねしたさん、こんばんは!
ちょうどコメントいただいたのと入れ違いで、私もはぽねしたさんの記事を読みコメント入れていました。なんだかタイミングが同じで笑えますね。
このパン、ほんとにおいしいですよね。6年前に死者の日をはさんでメキシコを訪れた時に、このパンを煉瓦の窯で焼いて、おいしくて感動。アメリカでも旦那と作りました。去年は、2kgの小麦粉を旦那が手でこねて作りましたが、今回は500gの小麦粉で少しだけ。
温度が高すぎたのか、下が焦げてしまったので来年は完璧なパンが作れるといいなぁ。
来年ははぽねしたさんも是非作ってみてくださいね!
2010/11/11(Thu) 13:41 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
NoTitle
はじめまして。
はぽねしたさんのパンの記事に美味しそうとコメントしたら、
この記事(レシピ)を紹介していただきました♪
オレンジとシナモンなんですね。
なるほど~。想像しただけで美味しそうです^^
2010/11/11(Thu) 18:57 | URL  | GREEN-AQUA #6The6xFU[ 編集]
はじめまして
GREEN-AQUAさん はじめまして!
はぽねしたさんのブログで、コメント読ませていただいていました。ご訪問、ありがとうございます!
私もホームベーカリーでパンをよく作るので、GREEN-AQUAさんのパン作りの記事を読ませていただきました。栗~!生ハム~!!おいしそうな食材がたくさんで、よだれものでした。うれしかったのは、同じHBを使っていること。成形パンも上手ですね~。私はおいしければいいや派で、形がイマイチ丁寧にできなくて…。
メキシコでの生活が中心のブログですが、また時々遊びにきてください。私もお邪魔します。
2010/11/12(Fri) 00:13 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック