メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
庭の木々
2010年04月28日 (水) | 編集 |
うちは元々、パパの実家の敷地なので、家庭菜園の他にも、
ずーっと前からはえている木に、いろいろな実がなる。
たわわになった実を好きな時に採って食べる。これまた幸せ。

桃はこれからが季節、ざくろはもう少し先かな。

ざくろの花が咲き、実になりつつある。
まだかなぁ、と毎日楽しみに待つ。
zakuro.jpg
右が咲き終わりの花。左が花びらが落ち、実になりつつあるざくろ。


庭になる桃なんて、と馬鹿にしていたら、これが結構おいしい。
今年もしっかり実をつけてくれている。
peach.jpg


ライムは一年中実をつける。
次から次へとライムの子供たちが、出来てくる。
limon.jpg


サボテンも庭で勝手に生えてくる。
minisabo.jpg
大きなサボテンの上に、ちーさなハリネズミのような、
茶色っぽいのが5つ見えますか。

これがどんどん大きくなって、
sabo2.jpg
こうなります。


残念なのは、チャヨテ(はやと瓜)の大きな木を切ってしまったこと。
時期には、一家で食べても食べても食べきれないぐらい、実をつけて
くれていたけれど、あまりに大きすぎて、リビングの見晴らしのいい
窓から庭を見ても視界が全部さえぎられてしまっていた。

パパが庭造りをするのに邪魔になるということで、泣く泣くさようなら。
残ったチャヨテを土に戻したら、しわっしわになったチャヨテの中の種
からツルが伸びてきて、順調に育っている。
chayote.jpg

またおいしいチャヨテが食べられるようになるのはいつごろかな。

田舎暮らしの楽しみに、ランキング参加中です。
↓ 1クリックお願いします。
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック