最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

自己満足?

ポケットには必ずデジカメを入れていて、気になるものがあったら写真を撮るのが趣味のようなものなのに、気づいたらこの3日間、1枚も写真を撮っていなかった。


4日前の子供たち。
032111.jpg
私の座っている椅子の背から、リサが「まま~」と顔を出す。リンが負けじと真似する。めずらしくリィも乗ってきて、3人で「ままぁ~。」


元気の素。


メキシコでも各地で、日本への義援金を集めるバザーなどが行われる。メキシコシティでは日本食料品店MIKASAにて義援金バザー、モンテレイでは義援金集めのオークション、オアハカでも義援金バザーが開催予定


ところがプエブラでは、友人のつてなど日系の所に聞いてもらったところ、特に義援金を集める催しはない様子。


それなら、オアハカへ参加するか、メキシコシティがいいかと考えながら・・・、どちらも車で約4時間の距離。交通費かけて行くんだったら、行かないでその費用を寄付金に回した方がいいのかなとか。行って何かしらやる事に意義があるのかなとか。いや、それって自己満足じゃないか、とか。また自問自答。


かといって足代をかけず、ここで募金集めをするのも違う。自分たちの生活で精いっぱいのこの村の人たちから、お金を集めてもいったい何ペソで集まるか。


市内へ出て自分が主催者になってやれるほど自由の身ではないし、(子供たちのことを考えると突然体調を崩すとかが絶対あるので)、もしやったとしても迷惑をかけるだけ。やっぱり、どこかの企画にできる範囲で乗ってしまうのが一番だと思っている。


だけど、このいてもたってもいられない感じは何なんだろう。阪神大震災のときは、友人のバイト先のTV番組で、安否確認の電話受けを手伝った程度。実家が大阪、大学が神戸なので、状況が実感として分かっていたからか、こんなに落ち着かない感じはしなかった。


今は、いったい日本がどんな状況なのか、文字や写真でニュースは追えても、実感がない。ただ不安な感じだけがつきまとう。気分が落ちるだけなので、ニュースも見ないようにしたけれど、やっぱり何かしなきゃ、という気持ちは消えない。


メキシコはこの週末3連休。パパとどこかへ行こうかと話していたけれど、リサが熱を出し断念。それなら、来週末、オアハカへ小旅行ついでに何か持って参加するか、と話し合い中。


にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外生活
ジャンル:結婚・家庭生活

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

バザーのご紹介ありがとうございます!
遠く離れたメキシコでやきもきする気持わかります!

うちの実家も中越地震の震源地だったので、地震直後、実家に戻り一緒に震度6の地震を体験したときは震え上がりました~~~。

オアハカ(またはシティ)にもし、いらっしゃる事があれば、オアハカ(シティ)の観光ついでに遊びにきました!!って感じが一番良いかもしれませんよ。(笑)

それこそ、経済効果に便乗しつつ、なにかしら力になれると言うことです!

自己満足は他人に迷惑かけたら問題ですが。
自己奮起させる要因の一部だと思うので、
決して悪い事ではないと私は思いますよ~~~~。

是非、HIROKOさんの出来る範囲で!!!

代替画像

関西からこんな意見もありました。

はじめまして、

関西からはこんな意見もありました。
ご参考までに。

http://xdl.jp/diary/?date=20110313

代替画像

Re: タイトルなし

さるさん、こんにちは。
少しでもたくさんの人に知ってもらったらいいかなぁと、許可もなく、リンク貼ってしまいました…。
地震の恐怖は、体験した方ならよくわかりますよね。今でも余震が続いていて、被災地の方々がどんなにか不安な日々を送っているだろうお思います。
オアハカ、一度行ってみたかったところなので、今週末うかがえるように準備中です。さるさんにもお会いしたいし。子供たちが元気になったら、うかがいます。

代替画像

今出来ることを

お嬢さんの風邪の具合はどうですか?
家の息子もまだ熱が下がらず、今日祭日ですが病院に行ってきました。
日系人の方にも伺いましたが、プエブラでは義援金集めのバザーは無いとのこと。
ただ考えてみますと言われたので、何かあるときには連絡を貰える様にお願いしておきました。
私達のように小さい子供を抱えていると、本当に出来る事はかなり限られてしまいます。
ただ今出来る事は、日本に迷惑をかけずにメキシコで生活していくことだと思っています。
もし大きな病気になったり、交通事故などを起こしたり、巻き込まれたりしたら、日本の家族だけではなく、在墨日本大使館にも迷惑をかけてしまいかねません。
いつもより少し気をつけて生活をしていくことも大切だと思っています。
あとは主人と、メキシコシティのミカサのバザーに行きたいと話しています。
せっかくの機会だから欲しい物を買おう!
と主人は言ってくれました。(まああまり予算はありませんが・・・)
あとは子供の体調と相談しながらになりそうですが。

代替画像

自己満足、誰かを助けるためだったらいいことだと思います。自分のことだけ考えて行動しての自己満足は困るけど。オアハカ行き、実現するといいですね。

子供たちの写真に癒されました。
避難所でも子供たちの笑顔で癒されていると言ってる人たちがいたし。子供の元気な姿は元気の素ですね☆

代替画像

Re: 関西からこんな意見もありました。

はじめましてさん、コメントありがとうございます。
リンク読ませていただきました。すごく深く考えさせられました。特に「他人の絶望をエンタメにすることしか考えていない無神経なテレビ」という部分にはすごく共感できるものがありました。
私は、阪神大震災では、直接の被害は受けませんでしたが、大阪にいて、震災の被害のひどさを自分の目で見て感じています。
そして、9/11NYのテロでは、WTCから数ブロックの学校で期末試験を受けていて、自分の目で飛行機がWTCに突っ込むところも見ました。その後もちろん逃げました。すぐそばではありませんが、現場に居たと言っても過言ではありません。そしてその後のNYの様子も自分の目で見、体で感じています。
そして思うのが、TVなどマスコミが作り出す、被害のイメージと、実際の被災地の様子や被災者の気持ちや暮らしや、もろもろなものには、ズレがあるような気がするんです。限られた時間の中で番組を作る以上すべてを伝えきれないのは当然ですが、TVを見ていて、そうじゃないぞ…と思うことがしばしばあって。
だから、今、日本から遠く離れた地球の裏側にいて、インターネットから得られる情報だけで被災地やその周りの地域の様子を知ることしかできないのが、とても不安というか、このリンク記事にあるように、自分に対して、「被災していない人間には被災者の気持ちが分かるわけがない」と思うのです。
母国日本の一大事に対して、何か自分にできることはないのか、と思う反面、何かしようとすることが、自己満足なような気がしてならなかったのです。
「とにかく、自分にできることなど何もないことを受け容れることが必要です。
「何かしよう」という気持ちが、本当に自己満足ではないのか、よくよく考えるべきです。」この言葉が一番響きました。

代替画像

Re: 今出来ることを

sayofishさん、こんばんは。
息子くんの体調、いかがですか。病院に行かれたんですね。うちは、子どもたちはだいぶ元気になってきましたが、とうとう旦那にうつったらしく、今日は体中が痛いと言って早めに寝ました。明日の朝、起きてましになっていたらいんですが・・・。
いろいろと情報ありがとうございました。私には何のつてもなく、受け身なだけで、お願いばかりしてすみません。何かあるときには、協力させてもらいますので、ぜひご連絡くださいね。
「日本に迷惑をかけずにメキシコで生活していくこと」・・・そうですね。そんなこと考えもしていませんでした。私も少し気を付けて生活していくようにします。
メキシコシティのバザー、行けたらいいですね。私もオアハカに行けたらいいな、と思っています。

代替画像

Re: タイトルなし

ピギママさん、こんばんは。
そうですね。誰かに迷惑をかけるわけでもないし、自己満足でオアハカ行けたらいいなと思っています。
私も毎日、子どもに癒されています。ありがたいですね。腰痛の原因でもあるんですが…。