最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

メキシコに網戸ってないんでしょうか?

この辺ではまったく見かけないのですが、
メキシコには網戸(あみど)はないのでしょうか。

こんなことを自慢するのはとても嫌ですが、
メキシコに来て上手になったことといえば、ハエたたき。

うちを含む村中のほとんどの家(旦那いわく90%)で、
家畜を飼っているので、ハエはつきもの。

日本には、豚を水洗便所付きで飼育しているところがある
そうです。そんな所ならとても清潔で、ハエなんて生存して
いないのかもしれませんが、ここはむしろ、不潔。
ハエが発生する時期は、それはそれは、うじゃうじゃいます。

全然気にせず、窓を開けっぱなしで生活している方たちもいますが、
うちはハエ進入、絶対禁止!

パパもちょっとでもドアが開いていると、閉めろー、とうるさいし、
ハエたたきは、つねに手に届く場所にかけてある。

でもこれだけ暑くなってくると、窓を開けて涼しい風を入れたい。
掃除の時は窓を開けたい。子供が裏で遊んでいて、私が料理をして
いる時は、勝手口を開けて声がよく聞こえるようにしておきたい。

でも、そんなことしたら、部屋中ハエだらけ。絶対許されません。
網戸があればなぁー。この1年のうちに何回思ったことか。

パパ曰く、特注で作らないとない。
でももし作るとしてもアメリカでも使っていた、はめ込むタイプ。
窓にレールが無いので、日本みたいにもう1枚の窓みたいな網戸は無理。

せっかく作ったリビングの大きな窓も1年間閉めっぱなし。
確かに敵はハエだけではなくて、蚊を初めいろんな虫も、
砂ぼこりもすごいし、開けないほうが無難かもと思うこともある。

でもこうやってブログを書く、夜の貴重な時間を、
夜風にあたりながら気持ちよーく過ごしたい。

田舎暮らしの楽しみに、ランキング参加中です。
↓ 1クリックお願いします。     お手間ですが、もう1押し↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

網戸ありますよ~

メキシコに網戸はあるのですが、レールのない窓だと、確かにはめ込み式になってしまいます。Canceleriaと呼ばれるアルミサッシとか窓ガラスを売っている店で扱っているので、家にサイズを測りにきてもらって、特注になるんですよね。我が家は蠅よりも蚊!!この暑い時期には窓を開けっ放しにして寝るのですが、網戸がないと蚊の襲撃に遭うので、作ってもらいました。窓ふきをするときは、簡単にパカッとはずすことができます。
ところで、ハエだったらメキシコでよくみんながやっているように、ビニール袋に水を入れて吊っておいたらどうですか。あと、ハエ取りの粘着テープも売っているのを見かけたような気がしますが・・・

代替画像

あるんですねー

AZULさん
たくさんの情報、どうもありがとうございます!
網戸やっぱり、あるんですね。もう絶対、作ってもらいます。
ビニール袋に水を入れておくのは、普通の水でいいんでしょうか。何か薬を入れるのかな。

この、あるんでしょうか?シリーズ、他にもいろいろないのかな~と思っているものがあるので、またいろいろ教えてください。

代替画像

理由はわかりませんが・・

普通の水でいいみたいですよ。私が昔聞いたのは、水が入ったビニール袋はハエの目にチカチカするので(ホントか?)、近寄らないんだそうです。田舎に行くと時々水袋見かけますが、HIROKOさんのご近所さんは袋吊っていませんか。お義母様に尋ねてみてください。

あるんでしょうかシリーズね(笑)、もちろんです。いつでも訊いて下さい~。結構、意外なところに意外なものが売ってたりするんですよね。だけど、日本みたいに痒いところに手が届く商品っていうのはなかなかないですよね。メキシコの人って、手間隙かけるのが苦にならないんでしょうね、きっと。