最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

がっこういかない

3歳のリン、幼稚園は4歳になってからと決めていたけれど、本人の強い希望で3歳の年少の途中から幼稚園に通い出した。


朝、行きたくないと言ったのは体調の悪かった1日だけで、2か月弱、割とご機嫌に通っていた。


それが、春休みがあけた1日目朝はウキウキで出かけたのに、2日目は「もうがっこういかない」と言い出した。その日はなんとかごまかしごまかし用意させて、パパに連れて行ってもらって登園。


3日目は、もうごまかしは利かず、着替えをさせるのがやっと。


髪も整えないまま、私が抱っこして園まで連れて行ったものの、「ママかえったらやだ」と言うので、教室の外から窓越しにしばらく見ていた。少ししたら、お友達に話しかけられて、こちらを気にしなくなったので、私も家に戻った。


後から聞くと、この日は私の姿が見えなくなった後泣いてしまったらしく、教室では先生の膝で1日過ごしたそう。


4日目も5日目も、抱っこして登園。「ママ帰っても大丈夫だよね」というと半泣きになるので、一緒に教室に入り、隣に座って少しの時間過ごしてみた。


4日目はなんとか、言い聞かせて私は帰った。5日目は無理だった。小一時間一緒に過ごしたけれど、私が立ち上がると付いてきて、離れない。結局連れて帰った。


それからもう1か月以上たつけれど、その後リンは幼稚園に戻っていない。


数日間、幼稚園の様子をほんの少しだけど見て、このまま無理に通わせる必要はないな、と思ったから。理由は3つ。


1つは、5日目の朝の様子。始業後、教室の中で先生と年長さんの親御さん達が卒園式に関するミーティングを始めた。


先生はミーティングの議事。当然、その間子供たちは、ほったらかし。私がリンを連れて出たのは始業後1時間くらいたってからだったけれど、その時点でもまだミーティングは続いていた。


2つめは、お勉強。メキシコの幼稚園は、勉強をする。宿題も多い。お遊戯やお絵描き、工作、歌の時間はほとんどない。


この幼稚園、全園児が20人くらいなので、年少から年長まで3学年で1人の先生。年長さんは、すでに厚さ1cmくらいのワークブックのようなものを持っていて授業がある。


先生が教えている間、年中・年少は、ノートに線をなぞったり、アルファベットを描いたりの宿題を出されているものの、基本ほったらかし。鉛筆もまともに持てないリンのような年齢の子たちは、ノートぐちゃぐちゃ。


3つめは、リンの性格とスペイン語力。メキシコの子供たちは、とっても人懐っこい。世話好きだし、他人のことをものすごくかまいたがる。


でもそれが苦手なリン。嫌なことがあった時、やめてとか、あっち行ってとか、まだあんまり強く言えない。抵抗しないリンは格好のターゲット。もちろん子供たちに悪気はないけれど、リンの様子を汲み取ってくれる余裕もない。


畳み掛けるように話しかけてくる年長のお姉ちゃんたちに対抗するスペイン語力もないし、数日間見ていただけでも、痛々しかった。


今はすっかり慣れたお兄ちゃんのリィでさえ、4歳でメキシコに来て、幼稚園に通い出したのは5歳の年長から。4歳の半年間は家で慣らした。


そう思うと、やっぱりまだ早かったかなと思う。幼稚園に行かなくなってから、先生がパパに「これからはずっと私が手をつないで、皆からむやみやたらにかまわれないようにする」と言ってくれたそうだけど、こんな風に全員に目が届きにくい状況では、もう少し一人でも大丈夫になってから通わせたほうがいいと思った。


そしてもう1つ。前回登園拒否をした日は体調が悪かったので、今回それも疑ってみた。こんなことがあった後、前から気になっていたので病院に連れていったら「膀胱炎」。


少し前からトイレに行くときに、痛いと言うことがあったけれど、泣くわけでもないし、普段は機嫌よく遊んでいるし、大したことないと思っていたら結構ひどかった。


最初に、抗生物質を処方されたら痛みは引いたのに、尿検査の値は良くならず。精密検査の後、ばい菌の種類を特定して、それに利く薬をさらに処方された。それがなんと7日間のお尻注射。


それも終わり、今日念のための超音波検査も受け、すべてクリア。完治した様子。でも、もうこのまま幼稚園には行かせず、年中から始めようと思う。


数か月の幼稚園体験。4歳になったらもう後戻りできない。強くならなくちゃ。

今日もご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外の子育て
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

そっか。。。リンちゃん、行ってみたかったけど
行ってみたらまだ心も体も万全じゃなかったね。
もうしばらくお家で今の時間を大切に過ごしたら、いつのまにか
今回つまづいたことなんてへっちゃらに成長して、楽しく通えるように
なっていますね。一歩一歩進んでいこうー。

オースに出没する時はご連絡くださいね。笑

代替画像

HIROKOさんこんにちは。

年少から年長まで3学年で1クラスなんですね。小さい子は放ったらかしなのが
想像できます。授業中にミーティングも信じられない~。

同じクラスには親戚のお子さんはいないのかな。
楽しく通えたらいいな~と思っていたので、残念だけど
リンちゃんにはきっと楽しく通える時期ってもう少し大きくなってから
なのかもしれませんね。それより、膀胱炎、治ってよかった☆

代替画像

HIROKOさん、こんにちは。
そっか、リンちゃん幼稚園で色々あって体調も崩していたんですね。子供の目線になって我慢強く何が問題なのかを探して無理強いをしないHIROKOさん、すごいなって思います。実は私もリンちゃんと同じ様な経験ありです。私は幼稚園じゃなくてその当時通っていた水泳教室でした。更衣室で大泣きしちゃって母を困らせた記憶があります(リンちゃんと私を比べても仕方ないんですけどね・・・)。何が嫌だったのかとか全く覚えてないんですけどすごく不安だったのは覚えています。リンちゃんにはリンちゃんのペースで幼稚園で楽しめる時期があるんでしょうね!体調も無事に戻ったようでよかったです。

代替画像

HIROKOさん、ご無沙汰しています。
久しぶりのブログ訪問でしたが、
今お子さんが大変な時期なんですね・・・。

私も幼稚園のころママっ子だったので
母が私を送って家に帰ってしまうとずーっと泣き止まなくて
先生を困らせたり、
家が幼稚園が目と鼻の先だったので
母がベランダに出ないか、いつまでも外を眺めていたりしていました。
いつからか幼稚園にもなれて先生が大好きになり
反対に家に帰ろうともしなかったような気がします・・・。

それにしても、メキシコの幼稚園って
幼い子供に勉強を教えるんですよね。
たくさん遊んで楽しみながら学んでいく年頃なのに・・・。
以前オアハカにお子さんを連れて滞在していた女性が
2歳の娘さんを保育所に預けたときも持ち帰ってきたものが
なにやら小難しくて、これは子供たちにとって楽しいのか?
と疑問に思ったことがありました。

代替画像

Re: タイトルなし

samandraさん。こんばんは。
心も体も万全じゃなかった・・・その通りですね。初めて社会へ出るわけだからすごいストレスだろうし、それに対応できる強い心と体を育てなきゃいけないんだなぁって実感しました。なんとかなるかなぁと思っていたけど、そんなに簡単なことではないですね。もう少し一緒にいて、数か月後に備えようと思います。

代替画像

Re: タイトルなし

ピギママさん、こんばんは。
ミーティングとかってすごい勢いで先生とお母さん方がしゃべってるじゃないですか。まったくほったらかしですよ・・・。信じられません。
2歳年上の、はとこの男の子もいるんですけどね。最初はその子にべったりだったんです。ずーっと手をつないで。でもその子からは離れて、女の子たちと一緒にいるようになったんですが、弾丸トークに耐えられなかったようです。メキシコのおばちゃんをそのまま小さくしたような子たちなので・・・。
元気になってホント良かったです。

代替画像

Re: タイトルなし

はぽねしたさん、こんばんは。
旦那の一言で決めました。今は泣かせてまで無理に連れて行くことないって。日本なら、クセになるから行くと決めたら泣かせてでもって考えるような気がするんですが…。体調が悪かったのもあったし、自分の目で園の様子を見て、これは今行く必要全然ないなって思えたので。
はぽねしたさんも行きたくないって思うことがあったんですね。不安な気持ちをお母さんにぶつけられるって、心底信頼がある証拠ですよね。がまんしないで行きたくないって言ってくれて、よかったなぁって思います。

代替画像

Re: タイトルなし

だんこさん、こんばんは。
だんこさんも幼稚園で泣いてしまったりしてたんですね。園から家のベランダを眺める姿、せつないですね~。でもいつかは慣れますよね。私も最初は泣いてでも置いて来ようと思っていたんですが、園の様子を見ると、今無理に通わせる意味って全然ないなぁと思ったので、やめました。他に移るとかできないのが、つらいところです。だけどなんで幼稚園からあんなに勉強させるんでしょうね。全然効果もなさそうな気がするし。今しかできないこと、見過ごしてしまっている気がして残念です。

代替画像

タイトルなし

より太ママさん、コメントありがとう。
より太ちゃんとこも、やっぱりほったらかし?日本と比べちゃったら、もう、全然がまんならないでしょ~。その割にお勉強とか多くて。教えること間違ってるよね。ほんと元気になってよかったよ。

>>りんちゃんもhirokoさんも大変だったね。あの放ったらかし加減わかる!私も日本の保育園を知っているだけにこっちには納得のいかない事がホント多いわぁ。より太も今3つ目の園だけど、まだ、マシっていう感じだけだからねぇ。。。幼稚園行きたい!って言ったり、行きたくないって言ったり、全てひっくるめて成長だろうな~って思います。お尻注射とかカワイソウだったね。でも完治して本当に良かった。

代替画像

元気が一番

Hirokoさん
こんばんは~。
りんちゃん、がんばっていたんだね。そして、ちゃんと行きたくない理由に気づいてあげたHirokoさん、すごいです。私だったら、泣かないでがんばりな!とか言っちゃいそう。
うちは、日本の保育園に今年から通う予定だったので、メキシコに来てしまい、住む場所が決まらない以上、Eiをどこかの園に入れるのも先延ばしになっていて実は、結構焦っていました。
でも、それはメキシコの保育園、幼稚園の生活を知らなかったからで、りんちゃんの様子を聞いて、もう少しメキシコ生活に慣れてきてからでも大丈夫かも・・・と思うようになりました。
それにしても、りんちゃんの体調が良くなって本当に良かったね~。
シャイなりんちゃんのことだから、幼稚園ではトイレとかに行きたくても、行けなかったのかもしれないしね~。
また、体調が良くなって、いろいろなことを経験していくうちに、来年はけろっとして幼稚園に通えるかもしれないですね。
それまでは、りんちゃんとりさちゃんとの生活を楽しんでください!

代替画像

HIROKOさん、こんにちは。
リンちゃん、大丈夫ですか。
体調まで崩して、きっと彼女なりに精いっぱい頑張ってたんでしょうね。
しかしメキシコの幼稚園は何故あんなにお勉強させるんでしょうね。宿題も毎日あるし。
友達の子どもたちを見てるとかわいそうになります。親がやることも多いし、単に先生の手抜きなんじゃ・・・?と思うことがあります。
もう大昔の話ですが、実は私も幼稚園が大嫌いでした。朝、親に幼稚園へ連れていかれても走って逃げ帰り、近所の公園でひとり遊び。。。という毎日。で結局2年保育のところ、まともに行ったのは1年だけ。たまに行くと先生が驚いていたのを覚えています^^;。
いまはまだ無理してまで行かなくて良いんじゃないかな。メキシコの先生は子ども放置してるみたいだし(←それもどうかと思う)
また行きたくなったら行けばいいよね、リンちゃん。

代替画像

HIROKOさん、おはようございます。
読んでいて、すごく切なくなりました。子供は子供なりに一生懸命なんですよね。きっと、パパとママにいきたくないって言ったら怒られるかなとか心配しながらでも決心して言ったのでしょうね。そんなお子様のSOSを逃さずに親身になって聞いてあげたHIROKOさんは母親の鏡だなぁ。私は子供を泣かせてばっかりでまだまだなと思いました。
私も気をつけないといけないなと思わせてくれる記事でした。リンちゃんがまた楽しく学校に行ける日がきますように!!

代替画像

HIROKOさん、お久しぶりです^^
ずっと読めなかった分の記事、一気に読んでしまいました。
自然に近く、田舎暮らしのいいところもあれば悪いところもあり、メキシコのいいところもあれば、悪いところもあり、なかなか住むところって難しいですね・・・。

ところで、リンちゃんの幼稚園、読んでいてすごく痛々しかったです。メキシコの子どもたちって、小さい頃からすごくアグレッシブで、自分の主張を譲らないですよね!
うちの子はメキシコ文化の中で生まれたので、むしろ構ってもらえない日本生活の方が寂しいようですが(電車の中だろうと道ばただろうと、誰にでも笑ってほしがって手を伸ばしてます・・・)、あの勢いには大人の私でも気圧されていたので、3歳のリンちゃんならなおのこと・・・。本人たちに悪気はないんでしょうけども、難しいですよね・・・。

それにしても先生たちも放置とはひどいですね。しかも勉強までさせるなんて・・・だんなからは「幼稚園によって全然違うよ」とは言われたのですが、HIROKOさん宅の近所で選べないのは辛いですね・・・。せっかく大自然の中で育っているのに、もったいないですね!><次行くときは、楽しく通えるといいのですが。

代替画像

Re: 元気が一番

Mioさん、こんばんは。
私も、泣かないで頑張って行きなさい!と思って、抱っこしてでも連れていったんだけど、あの様子を自分の目で見て、これは意味ないな~と。上の子も年長から通って、何も問題なかったし(というよりむしろその方が良かったと思う)、うちの子の場合、少しずつメキシコの雰囲気に慣らしていく方がいいのかもしれません。
とにかく今は元気になってよかったです。注射とかかわいそうだったし・・・。こうなるまで放っておいた私もひどいですよね・・・。

代替画像

Re: タイトルなし

ややさん、ご心配ありがとうございます。
もうすっかり元気になったけど、幼稚園はもう少し先にしようと思っています。それにしても、メキシコの幼稚園ってどうしてあんなに勉強させるんでしょうね。宿題とか3歳からやる意味あるのかなぁ・・・。
ややさんも幼稚園嫌いだったんですね!走って帰ってきちゃって、公園で遊んでたっていうエピソード、ある意味強者ですよね。うちの子も楽しく行ける日がきっと来るような気がするので、今は家でもう少し様子をみようと思います。

代替画像

Re: タイトルなし

種ちゃんさん、こんばんは。
私はみなさんのコメントに切なくなりました…。子供の様子に対応してるときはこっちも必死で、気持ちを思いやる感じではなかった気がします。子供なりに一生懸命だったとか、決心して言ったとか、そこまで考えてあげられてなかったなぁ。
泣かせてばっかり・・・私もですよ~。いやむしろ泣かせることにも意義があると思っているので、しょうがないかなぁなんて思ったりもします。
楽しく幼稚園に通えるようになったらまたブログで報告しますね。

代替画像

Re: タイトルなし

ロブさん、日本からの初コメントありがとうございます!
そうですね、どこに住んでも一長一短。なにかしら悪いところもあるし、逆にいいところもあるし、これは仕方のないことですよね。
そうそう、アグレッシブ、その言葉通りですね。みんなすごい自己主張してくるし、自分の勢いに巻き込もうとするし、私でもタジタジあるときがあります。
さくらちゃんにはもうメキシコの雰囲気がしみついているんですね。確かにメキシコと日本の赤ちゃんに対する反応って全然違いますもんね。赤ちゃん自身も感じてるんですね~、すごいなぁ。
幼稚園の様子、ミーティングなんかはきっと時間外にすると思うんですが、勉強や宿題は、結構どこの州のどこの園でも聞きますね。国自体の方針なんでしょうか。