最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

ニワトリのお腹の中から出てきたモノ

野菜をたっぷり食べたかったので、チキンスープにしようと思っていた。


一昨日買い物に行った時、今日は何買うの?とパパから聞かれ、買い物リストの中に鶏肉を見つけたパパが、食べごろのがあるからいいよと言った。


ニワトリは、卵をいただくために飼っているのもあるし、ニワトリ自体も食べる。
(産みたて卵を取りに行く子供たちの写真あり↑)


お義父さんがさばいて、スープにしてくれたものをいただいて、野菜を加えて煮込む。


今日はサイズがそんなに大きくなかったからか、パーツに分かれていない丸ごとの状態でスープになっていた。


そんな鶏肉のお腹のを開くと、
000184.jpg
卵が~!


ニワトリは毎日1個卵を産むので、当たり前といえば当たり前だけど、お腹の中で次々と卵が準備されている。


もうすぐ産まれそうな卵がお尻のすぐそばに1個。殻がまだ少し柔らかい。


これから卵になっていくはずの卵が、3、4個。まだ黄身だけの状態。


そして、間に小さい無数の卵の赤ちゃんが。


以前にたまごのハナシを書いた時に知った、「卵はのどんな風に鶏のお腹の中で出来て行くか」がそのまま観察できる。


<<実は卵は、(1)卵黄→(2)卵白→(3)殻 の順につくられていくのです。卵黄は、鶏のお腹の卵巣で7~9日かけてしだいに大きくなります。卵巣には卵黄のもとになる卵が、ぶどうの房のようになって約1万個もあります。>>


ちょっと感動。


子どもたちにも見せて、説明。「ほんとだ~!」と驚いていました。


おかげさまで、水は今日の朝もとに戻りました。結果的には二日間だけの断水で済んでホッとしました。

今日もご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:料理
ジャンル:趣味・実用

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

感動できるHIROKOさんがすごいです!!!!
私ちょっと引いちゃいました・・・(ごめんなさい(涙)。
でもこうやって生命の仕組みを知って大切にものがいただけるようになるって子供さんにはとってもいいことですよね。

代替画像

知らなかった!

こんばんは~。
鶏のお腹の中に卵の赤ちゃんって、すごいですね~。知らなかった!
丸ごとの鶏のスープって言うのもやっぱり日本じゃなかなかお目にかかれないものでしょう!
お義父さんも、ちゃんと残して入れておいてくれたのかなぁ?
動物と生きるというのは、食べ物のありがたさとか、生と死とか、日本では身近に感じられないものを常に感じられるんですね~。
きっと、こども達も新たな発見で更においしくスープをいただいたことでしょう。

それから、断水。長く続かなくって良かったですね~。
本当に電気、水道に慣れた生活をしていると、こういう突発的な出来事にうろたえてしまいますよね。私もケレタロにいた時、停電や断水、道路の水没とか久しぶりの経験にドキドキしたことを思い出しました。
でも、だんなさんの水を汲みにいくという苦労を知りながらも、豪快に水を使ってしまうってところ、メキシコ人らしい~!って笑ってしまいました。水が無くなったら、無くなったで、そのときに考えようみたいな・・・さすがですよね!!

代替画像

わぁ。感動!鶏を見る目が変わるかも。
一日一個卵を産むんだもの、そうですよね、お腹の中では常に準備が
続いてるんだー。
いつも何も知らずに卵を食べて、黄身を残す娘にも もう少ししたら
知って欲しいことです。
生命の神秘。見せてくださってありがとうー!

代替画像

HIROKOさん、こんにちは。
実は昨日から旦那が風邪でダウンしていて現在チキンスープを作っているところです。さばきたての鶏って美味しいんだろうなーとか、すっごくいい出汁が出ているだろうなーなんて思いながらこの記事読んでいます(笑)。お腹を切った時にタマゴが出てきたら私はきっとものすごい驚いちゃうだろうなって思いました。でもHIROKOさんの子供達と一緒で驚きながら写真と説明を見比べていました。毎回ですが、ニワトリの話勉強になります。そうそう、最初のパパさんとの会話で「食べ頃のがある」って所を読んでちょっと笑ってしまいました。食用のニワトリはそんな感じでやっぱり見られちゃうんですね。

代替画像

Re: タイトルなし

mimisさん、こんばんは。
いや見た目はね、私も引きました。
でも、前に調べてふーーーんって思っていた卵のお腹のなかでの成長が、その通り目の前にあって、本当なんだ~!っていう感動でした。

代替画像

Re: 知らなかった!

Mioさん、こんばんは。
私も前回ニワトリの卵の記事を書くまで全然知りませんでした。考えたこともなかったけど、こんな風に準備されてるんですね~。日本では肉は部位ごとに売ってますもんね。まだ私も見慣れないパーツは調理されていてもドキドキしながら触る感じですけど、みんな生きたところから普通にさばけるのがすごいなぁって思います。
断水は、今回2日で済んだのでホッとしました。タンクの水がなくなったらどうするの~!って日本人は先のこと先のことを考えてしまいますよね。メキシコ人はその点、全然です。まだあるから大丈夫っていう発想。そんな生き方できたらいいなぁ(まぁ私には一生無理そうです)。

代替画像

Re: タイトルなし

Samandraさん、こんばんは。
感動してもらえて良かった!私も、文章で読んだことを本物で確認できて感動でした。
リンカちゃんは、黄身が苦手なんですね~。私もです。それに私は卵自体あんまり好んで食べないんですよね。鶏肉は大好きなんだけど。

代替画像

Re: タイトルなし

はぽねしたさん、こんばんは。
あらら、旦那様大丈夫ですか。やっぱり風邪にはチキンスープですね。私は野菜がモリモリ食べたい時にチキンスープを作ります。子供には不評ですけど…。
私もお腹をあけたら卵がコロコロ出てきて、すっごくびっくりしました。1つはお尻のところにしっかりはまってるし・・・。でも説明と現物があまりにそのままで、感動しちゃったんですよね…。
そろそろ食べなきゃなぁとか思いながら世話する気持ちってどんななんでしょうね。