メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
秋晴れ
2011年10月04日 (火) | 編集 |
昨日の夜中から、パパが牛の買い付けに同行していていないので、先週の火曜日に続き今日もリンの幼稚園の送り迎え。


1日中1人で3人の世話と思うと気合が入る。


丘をゆっくり下っていくと、目の前にポポカテペテゥルがくっきり
000604.jpg


もしかして、と後ろを向くとピコ・デ・オリサバも秋晴れの空に、ドーンとかまえていました。
000605.jpg
日本で言うと、学校の行き帰りに富士山が見える、みたいなもの。


なんだかいいことがありそうな気分。


迎えの時間はいつもより1時間早く11時。幼稚園へ向かう途中、中学校の前の砂利道を掘り返している集団に出会う。工事かな。


その中で、うちの2軒隣に住むパパのいとこの旦那さんが1歳の娘を抱いて、何やら指示している。「おはようございます。」とみんなに声だけかけて幼稚園へ向かう。


リンのお迎えが済んで、また同じ道を帰ってきたので、今度はさっきの娘ちゃんに声を掛けた。そうしたら、旦那さんから思いがけない一言。


「ママのところに連れて帰ってくれないかな。」


とっさに何も考えず「えぇ!」と答えてしまい抱きかかえ、そのまま帰路へ。私、二人連れてるんだけど…とあとになってびっくりしたけど、頼られるのは嬉しいこと。
000606.jpg


リサが愚図らず歩いてくれたので、無事娘ちゃんを送り届け、その家の雑貨屋でおやつを買って家へ戻った。


隣り近所に住む親戚なんて、ここでは家族同然。


あの旦那さんとはほとんど話したことはないけれど、こんな頼み事は何でもないことらしい。


秋晴れの空の下、リィが誘ってくれたのでいつもと違う場所で遊んでみた。
000607.jpg
昨日パパがヤギの小屋を広げる作業をしていたので、そこを見に。右下の茶色いのが家の屋根。


この辺まで入り込んだのは久しぶりなので、自分の家なのに景色が新鮮。
000608.jpg


終わってみると、特別いいこともなく普段通りな一日。パパ早く帰ってきてくれないかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
ランキング参加中。クリックしてください。
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
No title
旦那さんが日々子育ても分担してくれるなんて、素敵じゃないですか。家族にも囲まれて、気苦労は絶えないでしょうが、子供にとっては最高の環境ですね。
 うちも就職活動中は産後ということもあって、学校もほとんど主人が担当でしたが、今は
7:30に家を出て、6~7時くらいまでは子供達をみています。反抗期の3女が保育園に入ってくれて助かります。毎日怒濤の宿題もキレながら付き合っています。もうこの生活リズムにも慣れてきて、たいした問題もありませんが、3女の反抗期の終了を願う毎日です。
2011/10/07(Fri) 08:43 | URL  | izumusia #-[ 編集]
Re: No title
izumusiaさん、こんばんは。
基本的に家で仕事をしているので、送り迎えは旦那が自転車で行けばものの1分で着くので頼っています。私が下の子を連れて歩いて行くと10分くらいかかるので…。それに、いろいろな連絡事項がまだまだ理解できない部分があったりするので、旦那が行ってくれるととても助かります。
うちも2番目がまだまだ反抗期後期、3番目がそろそろ難しくなり始めてきた感じで、大変です。この時期だけは、子どもってヤダー!って思いますね。
2011/10/07(Fri) 13:45 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック