最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

インフルエンザ予防接種

一昨日のこと。村の放送で、「明日インフルエンザの予防接種があるので、村の診療所へ来てください。対象者は、6ヶ月から5歳11か月の幼児です。」と案内が。


寒い寒いと毎日感じていたけれど、そういえばそんな時期かぁ。


早速、昨日はパパと長女リンと次女リサと4人で診療所へ
000822.jpg


行く途中に、帰って来る義父母と義姉とその息子(2歳)にすれ違う。


どうやら55歳以上の人も対象者みたい。費用はみんな無料です。


診療所に着いたら、村のおじいちゃん二人が仲良く注射待ち。
000824.jpg
奥の若い男性は、医師見習い。なので毎回人が変わります。


おじいちゃんの注射を見ていたら、急に怖くなってきたリン。
000823.jpg
注射を打つのは、ふもとの町に常駐の看護婦さん。


身長を計る時点で、もう顔が崩れてきています。
000821.jpg
アシスタントは、村の看護婦さん。


じゃあ座って、と言われた時点で泣き出しました。「あぁ、飴持ってこなかったわね、今日は。」って看護婦さん、やっぱりここでも泣いてる子には飴です。


反対にリサは、今まで予防接種で一度も泣いたことがありません。腕に1本、足に2本打たれた時でもケロッ。


長男リィの幼馴染の男の子が痛みを全然感じないタイプの子で、注射で泣いたことがないと聞いていて、うそ~そんな子いるんだぁって思っていましたが、リサはそのタイプかも。


終わったら手帳に記入してもらって、終了。手帳に記入してもらっている間に、パパの伯母さん夫婦、それに従姉の子供たちもやって来ました。つくづく大きなファミリー。


帰ってきたら、おやつを買ってもらって、気持ちも落ち着きました。


今年も大きな風邪を引きませんように!

毎日ランキングが楽しみです。ぽちっと応援おねがいします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へにほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

きゃー。私も、おじいちゃんが腕を出してる姿を見たら
怖くなった。笑
リンちゃんがんばったね!
リサちゃんすごいね!えらいよー。
メキシコも寒いんですか?暖かそう。

代替画像

Re: No title

samandraさん、こんばんは。
メキシコは冬結構寒いんですよ・・・。私もそれを知らずに住みだして、あまりの寒さに何でメキシコなのにこんなに寒いの~!と納得できずにいます。
私は注射全然大丈夫なんですよね。あ、でも子供のころは怖かったなぁ、いつから平気になったんだろう。

代替画像

こんにちはHiroko!

注射…あたしもかなり苦手なので、痛みに強いなんてうらやましいです☆
顔がこわばってる写真かわいいですねo(^-^)o

代替画像

Re: タイトルなし

すぅさん、こんばんは。
痛みに強いのもあるし、まだあんまり分かってないって感じもします。
ぐーっと針が中に入っていくので、子どもを抱えて見ている方も結構「あ~イタ!」ってなりますね。