メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
岩手/世界遺産の平泉をゆっくり見られなかった理由
2012年04月17日 (火) | 編集 |
岩手への旅行最終日は、世界遺産の平泉へ。
001598.jpg
マルコポーロが、東方見聞録の中で「黄金の国ジパング」と紹介する元になった、全体が金で覆われた金色堂がこの中に(中は写真禁止でした)。


最終日といっても、2泊3日だけで、それも初日は移動で夕方に温泉到着、3日目は半日だけだったのに、こんなに充実した旅行ってなかなかない。


宿探しから始まって、旅行の行程を組んでもらって、実家にまで泊めていただいて、こんなに楽しませてもらえたのは、すべてじゅんこさんとご家族のお陰。本当にありがとう!


今、国は違っても田舎で子育てをしている私に、日本の田舎で育ったじゅんこさんがいろいろなアドバイスをくれて、そう言う意味でも、岩手へ行って本当に良かった!


世界遺産の平泉では、時間の関係で中尊寺の「金色堂」と博物館になっている「讃衡蔵」を見学しただけになってしまったけれど、丘の上のお寺とその境内に立ついくつかの建物にも、また是非いつか来る機会を作りたい場所。
001597.jpg


当時この地域では、大量の金(キン)を産出していたため、その財力が奥州藤原氏が栄えた理由だそう。


確かに今でも、山の湧き水でできた小川にも砂金が見られたくらいだから、当時はすごかったんだろう。


確かにピカピカですばらしかったけれど、私がもっと惹かれたのは博物館内の阿弥陀如来像や仏像、巻物に描かれた天国や地獄の絵。


博物間を見ている間、じゅんこさんが子どもたちを相手してくれていたので、時間ぎりぎりまで、じっくり。どちらも写真禁止なのが残念!
001599.jpg
きゅうけい~。


平泉には他にも見所がたくさんあるんだけれど、そんな世界遺産での時間が短くなってしまった理由は、じゅんこさんちの裏山。
001594.jpg
家の目の前は田んぼ。裏は畑をはさんで裏山。メキシコの超田舎から来たのに(から?)、そんな日本の超田舎も楽しめてしまう私達。


パパなんて、よっぽど気に入ったらしく、なんとかここに住む方法はないかと、私にあれこれアイデアを出してくれる。


朝起きたら、鶏小屋へ卵をいただきに。日本の鶏小屋はとても機能的にできている。作り方を参考にあちこち眺めるパパ。さらに木や草や花や種が気になる。


朝ご飯を食べて、裏山へお散歩。
001593.jpg


あめんぼを見たり、
001595.jpg


畑の用水路で遊んだり、川で石を拾ったり。
001596.jpg
子供達がこういう場所で楽しそうにしている姿がすごく好きで、なぜか無性に嬉しくなるし、安心してしまうのはどうしてだろう。


帰りは一ノ関駅から新幹線に乗って、また大阪まで。
001600.jpg
駅でも時間ギリギリまで、楽しむ子供達。とても3日間だったとは思えないぐらい充実した旅行でした。


結局、被災県へ行ったのに、直接は何も復興の力にはなれなかった今回。


こうやって日記を書きながらいろいろなことが思い出されて、書ききれなかったこともたくさん。後から後からホンワカした気分にさせられて。岩手の人のそういう優しさが強さにつながっているのかも、と感じた旅行でもありました。


岩手への旅、本当におすすめです!

ランキング参加中です。↓クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
テーマ:海外生活
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
No title
HIROKOさんこんばんは。
東北旅行の様子をずっと見させてもらっていました。とっても充実した時間が過ごせたようですね。HIROKOさんだけでなく、パパさんも子供達もそれぞれ楽しめた様子が伝わってきました。
お友達がいらっしゃるとさらに楽しい時間が過ごせますよね。
被災地に行けなくて・・・とありますが、行ってボランティア活動をするなどの目的がしっかりあるわけでもなかったら、行ってもどこにいても出来ること(例えば募金など)しか出来ないような気がします。HIROKOさん一家が東北に足を運んで、旅館に泊まって、食事をしてって、その分地域活性化に十分貢献されていると思います。
地元の方々は、そんな旅行者に元気と勇気をもらっているんじゃないかな。
一番大切なのは、忘れないこと。HIROKOさんのようにいつも念頭において行動されることが、今後の東北復興に大きな助けになるんだと思います。
2012/04/24(Tue) 12:47 | URL  | 種ちゃん #fF0QDnLU[ 編集]
またいつでもおいで!
Hirokoさんたちみんなが岩手旅行を楽しんでくれて、とっても嬉しいです。あれこれ計画、準備するのも楽しかったよ。充実した楽しい時間を一緒に過ごせて、私達も満足です。パパ気に入っちゃってたよね。また緑が美しい季節に来て欲しいな。昔自分が遊んでた烏森(裏山の名前)や小川を子供達にも体験して欲しかったんだよね。ずっと変わらずにあるって安心できる。懐かしかったな。

気持ちの上で東北とつながって、「あそこで前に進もうと歯を食いしばってる人たちがいる」って実感として心に持ち続けてくれてたら、嬉しいです。復興は時間がかかるから、みんなどんどん無関心になってしまう。ずっと思い続けて応援し続けることが大切かな。私も何ができるか分からないけど、できることを考え続けるのも大事かなって思ってるの。
2012/04/24(Tue) 17:10 | URL  | じゅんこ #-[ 編集]
Re: No title
種ちゃんさん、こんばんは。
これからも長く続くであろう東北の復興。旅行をしたことでとても身近に感じることができたので、このまま忘れず常に気にかけていられるようにしたいと思っています。本当はボランティアにでも行けたら良かったんですが。。。旅行をすること、そしてそれを誰かに伝えることで少しでも役に立てたのかな。
2012/04/25(Wed) 22:55 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
Re: またいつでもおいで!
じゅんこさん、本当にお世話になりました。ありがとう。
記事の中では、どういう風にふれるのが良いか決めきれず登場しなかったけど、たいちゃんさんにもよろしくね。心の優しいとってもじゅんこさん思いの人だよね。ぜひメキシコにも遊びにきてほしいです。
緑の季節に来ちゃったら、もうそのまま絶対住みたいって思ってしまうだろうね。
昔と変わらずある場所の大切さ、よくわかるなぁ。
これからも忘れず思い続けるからね!
2012/04/25(Wed) 23:01 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック