メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
乾燥剤の活用法
2012年06月01日 (金) | 編集 |
日本のお菓子や、海苔なんかに必ず入っている乾燥剤。
001783.jpg
日本のものだし、なんだか捨てるのももったいないなぁ…と思いながらも、


空気が乾燥しているメキシコでは、大事に乾燥剤をとっておいてもあまり使い道はない。


でも、とある乾燥剤に「使用後は、ガーデニングの石灰肥料として、再利用ください」の文字を発見。
001785.jpg


家庭菜園の本に、準備の土づくりの段階で、「苦土石灰などを散布して酸度を調節する」という項目があって、「苦土石灰」って??と思いながらも、詳しく調べることなく読み過ごしていた。


同じ石灰だし、乾燥剤の中身がそれなんだ!と早速まいてみた。
001784.jpg


まいたのが里芋を植えた所で、肝心の里芋が掘り返されてしまったので、効果のほどはよくわからないけれど、何か他のものがものすごく元気に生えて来ているので、もしかしたら効いているのかも。


本によると、「多くの野菜は酸性土壌を嫌うので、種まきや植えつけの2週間前までに、苦土石灰などを散布し、畑の土を深さ30cmくらいまで良く耕して土と混ぜ、酸性を調整すると良い」そう。


ちなみに、苦土石灰とは、炭酸カルシウムに苦土(マグネシウム)の加わったもの。


「石灰(カルシウム)の補給」、「土壌pHの上昇(酸性からアルカリ性へ)」、「マグネシウムが光合成を助ける」という3つの効果がある。


乾燥剤の中身は生石灰。「水分と反応して消石灰(水酸化カルシウム)になり、石灰(カルシウム)の補給」、「土壌pHの上昇(酸性からアルカリ性へ)」という働きをする。


つまり、光合成を助けるマグネシウム以外の効果は同じ。


なるほど…。これから捨てずに大事に再利用しよう。


ちなみに、同じ乾燥剤でも透明のツブツブの「シリカゲル」は、全然違う成分なのでこの用途には再利用できないようです。「石灰乾燥剤」と書いてあるものだけが、肥料として再利用できます。


今一番楽しみな水菜。双葉の間から本葉が出てきました。
001786.jpg

いつも応援ありがとうございます。↓ランキング参加中です。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
NoTitle
HIROKOさん、こんにちは。
乾燥剤って私も捨てないで海苔を入れてある入れ物にぽいぽい放り込んでいます。HIROKOさんの家の乾燥剤の名前、シケナイとかシケトールとか駄洒落みたいで笑っちゃいました。今見てみたらうちのは平仮名できいぷどらいとエコドライ。そろそろいくつか捨てようかななんて思っていたので再利用法を教えてもらって助かりました!私もプランター菜園をしているので早速土に混ぜてみようっと♪水菜、本葉が出てきて嬉しいですね。私はちょっと留守にするので来週種まきの予定で~す^^
2012/06/02(Sat) 05:46 | URL  | はぽねした #awEUW5xo[ 編集]
Re: NoTitle
はぽねしたさん、こんばんは。
シケナイって、乾燥剤の代名詞みたいなものだと思っていたんだけど、そうじゃないのかもー、ってことでタイトルも変えました。ダジャレみたいなシケナイとかシケトール…関西だからですかねー。
はぽねしたさんも捨てられずにいたんですね。ぜひプランターに入れてみてくださいね~。元気に育つかな。
2012/06/03(Sun) 14:44 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
NoTitle
HIROKOさんおはようございます。
乾燥剤私もいくつか貯めてます(笑)
わたしもプランターに蒔いてみます。
水菜は私も昔蒔いてみたんですが、チョウチョ対策をしっかりしていないとあっという間に青虫の餌食です。
水菜は食べることができませんでした(涙)
2012/06/05(Tue) 00:30 | URL  |  #-[ 編集]
NoTitle
あっ!名前書くの忘れました↑
2012/06/05(Tue) 00:33 | URL  | たみー #-[ 編集]
Re: NoTitle
たみーさん、こんにちは。
たみーさんも貯めてますか、乾燥剤!石灰成分のものがあったら、是非まいてみてください。
うちは青虫が出ることは少ないんですが、かたつむりがすごいんです。葉っぱたべちゃうんですよね。水菜、食べられるといいなぁ…。
2012/06/05(Tue) 08:48 | URL  | HIROKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック