最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

「漢字で書きなさい」の問題

最近、長男リィの日本語の勉強中、なるべく横から口出しをしないようにしている。


横で見ていると、ついつい、間違った答えを書きかけているところに、「あーそれ違う」って書きなおさせてしまう。


でも、後で丸つけをして、間違え直しをするほうが、間違ったことや、正しい答えが印象に残りやすい気がする。


今日も、一人で勉強していたので近づかず、「終わったよー」の声で今日の出来栄えを見せてもらった。


雑誌「小学二年生」の付録についていた「どんどんドリル」。


A6版ぐらいの小さなサイズの冊子を国語・算数1日各1枚。


昨日やった国語の問題。


「絵を見て漢字で書きなさい」の問題が全部ひらがなで書かれていた。


1.ジャイアンが本を開いている絵。
「よ」む。


2.スネ夫くんがしずかちゃんに話しかけている絵。
「ゆ」う。


3.出木杉くんが、地面に何か書いてのび太に見せている絵。
「か」く。


同じ問題を、今日はやり直し。


1.「四」む。


・・・「読」む、だよね。


2.「夕」う。


・・・「言」う、だな。


3.「日」く。


・・・あれ?と思ったけど、「四日」とかの時は「日」は「か」と読むもんね。
でも、「書」く、が正解。


漢字辞典を調べてやったのか、頭の中にあった漢字をあてはめたのか、どうやって答えたのか分からないけど、テキトーすぎて、でも音は合ってて、クスッと笑ってしまった。


でもー。笑ってる場合じゃない。


こうやって後から見る方法だと、どれだけ漢字が頭に入ってないかよく分かる。


このひどすぎる間違い直しは明日。


漢字をきちんと覚えるにはどうしたらいいんでしょう・・・。

↓ランキング参加中です。クリックで応援おねがいします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:海外の子育て
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

代替画像

Re: 初めまして。

鍵コメさん、初めまして。
リンクありがとうございます。