最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

お湯が出なかった理由

ここ最近、シャワーを浴びるとき、お湯の出がよくなかった。もうかれこれ1ヶ月以上は、シャワーの勢いが日に日に衰えていくのを感じていた。パパなりに、考えられる原因をいろいろ探して、見てくれたけど直らず、

先週とうとう我慢できないほどお湯がでなくなってしまったので、村の建築やさんを呼んでみてもらった。

そうしたら、瞬間湯沸かし器から風呂場につながる水道管が、こんなにつまっていた。
suidokan.jpg

塩素が固まったものだそうですが、本当でしょうか?年に一度、いや半年に一度、こんな風に瞬間湯沸かし器を解体しないといけないなんて・・・。
yuwakashi.jpg
なんて面倒なところ。

ちなみにこの村では、汲み上げた地下水が水道管を通って家庭へ来ます。つまり、井戸を掘って出た水を生活水として使っています。昨日は、パパに井戸まで連れて行ってもらいました。

家の前の通りをひたすらまっすぐ。うちから7、8軒先へ行くと、道路の舗装はなくなり砂利道になります。
hosou.jpg

だんだん家がまばらになって、まわりが畑だけになってきたころ、ゆっくり5分ほど車で走ると、着きました。

水を汲み上げる機械が設置されている小屋。
idokoya.jpg
小屋の前に
ido.jpg
この鉄板の下に数百メートルの穴があいていて、水がくみ出されています。

ここから中継地点へ水が行き、そこで塩素を投入し、各家庭へ。

各家の屋根の上には、こんなタンクがあり、常に水がたまる仕組みになっています。ここを通過して、水道の蛇口から水がでます。
tanque.jpg
手前の白いのも、奥の黒いのも水のタンクです。

ちょっとした社会科見学の気分でした。

田舎暮らしの楽しみに、ランキング参加中です。
↓ 1クリックお願いします。     お手間ですが、もう1押し↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

そうなんですよね~。私もメキシコに来たころ、だんだんお湯が出なくなってきてガス屋に来てもらったら、石がたまるから(塩素)定期的に圧抜き?して出すように教えられました。1ヶ月に一度はやるみたいです、ウチのは。

代替画像

やり方教えてください

フローラさん
圧抜き?ってどうやってやるんですか。ぜひ、おしえてください!!
いちいちあんなに解体しなきゃいけないなんて、ありえないって思ってたんですよね。何か方法があるんじゃないかって。

代替画像

No title

いつも彼がやってるので、今度写真を撮ってブログに書きますね~HIROKOさんのところのと同じくできるかは分からないですけど、よかったら参考にしてみてください☆ケサディージャにズッキーニの花っていうのは初めて聞きました!おいしそう♪

代替画像

Re: No title

ありがとうございます。ブログUP楽しみに待ってます。
ズッキーニの花、ぜひ食べてみてください。おいしいですよ。ケサディヤを出しているお店ならメニューにもあったので、外でも食べられると思います。