最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(12歳)、長女(9歳)、次女(7歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

もう一人の15歳


海外での育児 ブログランキングへ参加してみました。


子供たちのイトコの中で、今はもう一緒に住んでいない15歳の女の子の話を書いたのは3週間前。


今日は、同じ敷地の中に住んでいるもう一人の15歳の話。


今年15歳になるので、今はまだ14歳の彼女。


一番上のお義兄さんの奥さんのイトコ、アビちゃん。


アビちゃんがお義兄さん夫婦の家に住むことになった理由は、ご両親の病死。


お義姉さんは9人兄弟、お義姉さんのお母さんも10何人兄弟とかで、ものすごい数の家族・親戚がいる中で、どうしてここへ来たのか、本当の理由は私には知りえない。


その辺の理由はともかくとして、とにかくこのアビちゃんがすごくいい子だってこと。


お義兄さん夫婦は、子どもが3人いて16歳、11歳、3歳。お義兄さんは長期不在なので、お義姉さんがこの3人の子とアビちゃんをみている。


アビちゃんが、掃除、洗濯、料理、3歳育児、つかいっぱ、何でもこなし、お義姉さんの手となり足となり家事をして、学校に通わせてもらっている。


ハキハキしていてきちんと話すけど、押しすぎでも引き過ぎでもなく、人当たりがいい。


この家の3歳児だけでなく、うちの子たちも本当によく遊んでもらい、面倒を見てもらっている。
002295.jpg
長女リン、リ・リ・リのハトコ、3歳男児、次女リサ、アビちゃん


押しの強すぎる15歳のイトコや感情の波の激しすぎる16歳のイトコには、本当に調子のいい時しかなつかなかったうちの女子二人も、アビちゃんにだけは、すごくなついている。


お義姉さんとアビちゃんは随分年の離れたイトコ同士なので、その娘とアビちゃんは1歳しか年が違わない。


あれしろ、これしろってエラそうな口をきかれて、どうしてあんなに素直でいられるのか、


泣き叫べばなんとかなると思っている3歳男児に、どうやったらそんなに優しくできるのか、


頼みごとをしに行っても、楽しく会話が盛り上がるわけでもなく、ハイってモノを渡すだけの日本人を、どうしてそんなにまっすぐ見られるのか、


教えてほしい。


先学期末、もう学校に行きたくないと言い出したアビちゃん。


今学期からは、隣町の学校からふもとの町の高校に転校することにしたみたい。がんばって通ってほしいな。


こういう子なら、素直に応援したくなる。

ランキング参加中です。いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

コメントの投稿

secret

代替画像

No title

やはり、メキシコには日本で忘れかけた?忘れた?
ファミリーのつながりを感じます。
そのつながりが、普通に毎日ですから。違和感がないです。

今も母親と一緒に物乞いするストリートチルドレンの笑顔を
思い出し眩しく感じる時があります。

メキシコの笑顔は、素晴らしいと思います。


代替画像

Re: No title

キングさん、こんばんは。
日本にはない、家族のつながりがありますね。日本も昔はこんなだったんでしょうか。私自身は「超」核家族で育って来たので、日本が昔大家族で、皆が一緒に暮らして助け合っていたなんて信じられない感じです。
なので、この強いつながりには、違和感も感じつつあこがれのようなものもありますね。