メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
くっきりカラーで撮る
2012年12月16日 (日) | 編集 |
週末は応援が減ります。みんなでクリック!
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ


前記事に続き、一月前の写真の勉強を振り返り。
003105.jpg
国立人類学博物館は、なぜかとても心惹かれる場所。


カメラマンさんと同じデジカメを持っていたので、今まで使ってなかったカメラの機能も知ることができました。


白黒や、セピアの写真を撮る時の選択肢の中に、「くっきりカラー」というモードが。


色合いの設定をせずに、普通に撮った場合。
003096.jpg


同じものを、まったく同じ場所から「くっきりカラー」で。
003097.jpg

「コントラストと色の濃さを強調する」色合い設定。


違うものみたい。


メキシコは色合いが鮮やかだから、カメラを常にこのモードに設定しているというカメラマンさんに倣うことにしました。


大きなものを撮るときは、人物を入れると大きさが伝わりやすい。
003099.jpg
そして、全体と、


パーツを撮る。
003098.jpg


下からあおって撮るのも、大きさを伝える方法の1つ。
003102.jpg
全体と、


パーツも。
003103.jpg


迫力。
003104.jpg


2時間だけの勉強会。もっと、もっとカメラを知りたくなった一日でした。


博物館前には、腰が90度に曲がった腰掃除のおじいさん。
003095.jpg
大きなホウキを180度、ザーッと動かしてゴミを移動。チリトリも見当たらないし、このままどこまで行くんでしょう。

ランキング参加中です。ポチッと応援!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
テーマ:海外生活
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック