メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
夏休み
2016年07月29日 (金) | 編集 |
夏休みなので、玄関先のお店もゆ~っくりの営業。


出掛ける日は、<お休み>の貼り紙1枚で休み、


家にいる日は、ドアが叩かれたら開け、


気が向いた日は、玄関を半開きで、開いてますよーとアピールしてみたりのテキトーな毎日。


時間があるのでブログの更新頻度も上がっています。


でも、毎日のように子供たちのイトコやハトコや・・・のちびっこたちが家の中へ遊びに来るので、


毎日ゆーっくりというわけにはいかない夏休み。
IMG_2867.jpg
いつもの女子5人。これにプラス、長男とハトコくんが定番。


先日の、姪っ子が大学を卒業した日の食事会の日には、


食事が終わり、外遊びにも飽きた子供たちが、計14人家の中に。


高学年男子はゲームに夢中。


低学年女子は、遊びなのかおしゃべりなのかキャーキャーうるさく、


幼児は、キッチンでおままごと。ここが一番静か~。


幼児をお世話するはずで入ってきた高校生は、ネット動画に夢中。


私は幼児チームに入り、一緒にケーキ屋さんごっごで遊びました。平和だ~。


こういう時間って貴重。


孤独に育児をしていると、見えないものが、


ここだと目に見えるから、ありがたい。


子供が小さいころ大変なのはホンの一瞬で、


数年したら、こんなに手が離れるんだ・・・とか、
IMG_2868.jpg


さらにその数年後には、こんなに成長するんだ・・・とか、


子供の成長が目に見えてわかるから、今を大事にできるよね。


先週末は、市内に住む4歳の甥っ子が遊びに来ていて、帰りたくないと言いだし、


Me quedo con mi tia Hiroko!(ヒロコおばちゃんとこに居る!)


Me cuidas?(僕のお世話してくれる?)とカワイイことを言うので、


3日ほど預かって、久しぶりに幼児育児を思い出したり。
IMG_2808.jpg


ふだんよりはゆっくりだけど、騒がしい夏休みを過ごしています。
空が広い
2016年06月25日 (土) | 編集 |
メキシコに住んでいて気持ちよいことの1つ。


空が広い。
IMG_2058.jpg


(好んで)家にこもってばかりの毎日。


でも、たまに近くの町まで出かけると、気持ちいい~。
きのうのカルチャーショック
2016年06月12日 (日) | 編集 |
8年目とはいえ、


まだまだびっくりすることは、日常に多々あって、


昨日はひさびさに、えっ?はっ??と、一度では理解できなかったことが。


次女が、学校のカバンから、ハミガキ用のコップを取りだしてきて、


「ママ、これきたなくなったから、


あらってげつようにもってくるようにって先生がいってた」と。
IMG_2048a.jpg
給食のあとハミガキをして、歯ブラシを立てて教室においてあるので、


随分汚れてしまったのかなと思ってみたら、


大した汚れは見当たらない。


「そんなに汚くないね」と言うと、


「コカのんだから、あらって」。


・・・はっ?


学校でコカコーラを飲むっていうのも、


なんだかね・・・といまだに慣れないし、


ハミガキコップと、

飲み物が、

頭の中で結びつかなかった。


よくよく聞いてみると、


昨日はビデオ鑑賞の時間があって、


その時に、コーラを飲んだそう。


それも、ハミガキのコップで。


「えー、みんなそれで飲んだの?汚くなかった?」


「先生があらってきなさいって言ったから、ちゃんとあらってからのんだよ。」


と自信ありげに。


だったら、飲んだ後も、学校であらって置いておけばいいのに・・・。


プラスチックのカップでゴミを増やすよりいいか。


コーラじゃなくて、何かほかにないのかね・・・。


まぁ、いろいろ考えたけど、日本では絶対にありえない状況。


びっくりでした。
私書箱代
2016年01月31日 (日) | 編集 |
年が明けると、


あぁ、もうその時期か・・・と毎年感じる、


郵便局の私書箱の契約更新。


もう今までに何度も書いたけれど、


うちは、郵便配達のサービスエリア外で、


家に郵便配達が来ないので、


郵便局がある一番最寄りの町(家から車で30~40分)のところに、


私書箱を開けています。


必要書類は、身分証明書と住所の証明書、そして300ペソ/年。


以前は、東京から母が年に数回荷物を送ってくれるのを受け取るだけでしたが、


今では、大阪から父もよく荷物を送ってくれるし、


友人から古着を送ってもらったり、


大学の同窓会報が、4半期に一度届くのが楽しみだったり、


おかげで、メキシコの僻地でも日本を感じながら過ごすことができる、


大切な窓口。


荷物を受け取るたびに、よくこんな所まで来たねぇ・・・と。


というわけで、今年も契約更新。


いつか、家まで郵便が届く日が来るのかなぁ・・・。
新年のご挨拶
2016年01月02日 (土) | 編集 |
年末から4日間もネットが不通になり、


まぁ、どこへ行くでもないし・・・急ぎで連絡しなければいけない相手もないからいいか、


と気にせずいたら、


世の中でなにが起こっているか、まったく分からないまま、


年を越しました。


しかし、毎年のことながら、年末!!っていうイメージがわかないメキシコ。


昨日は大晦日なはずなのに、夕御飯はカレーという普通の夜。


冬休み中は、オーブン物では、ピザやパンはお休みして、


クッキーやマフィンの焼き菓子だけ玄関先に並べているけれど、


木曜日だから、公園前に青空市場が出るので、人出があるし、大晦日だし、


ピザでも焼いて売るかと、久しぶりに焼いたら、


最初の仕込み分が、ホールであっという間に売れていき、


ピース売りに間に合わず、アイスや服を買うお客さんの相手をしながら、


キッチンと玄関を小走りで行ったり来たりしながらも、


再度ピザを仕込んだら、夕方からはパッタリ人足がなくなり、10ピースほど残ったり、


メチャクチャな1日でした。


結局、次の日に冷たいのでいいから4ピースください!と売れたり、


子供たちのオヤツになったり、なんだかんだで簡単に消化できる量でしたが・・・。


夜の9時には、やっぱり年越蕎麦は食べておかないと・・・


と一人で、ザルそば。


子供たちは寄ってきて、2,3口おいし~と食べていました。


夜中には、老人のかぶりものをした村の人たちが3,4人、


爆音で音楽をならしながら村中をねりあるき、


あぁ、ここではこんな年越しだったなぁ・・・と思い出しながらも、


窓から外をのぞくでもなく、本を読んで過ごし、


年が明ける時間になると、さらに花火や爆竹がなり、


さらに、さらに夜中じゅう、ほんとに夜中じゅう、


朝の7時まで、ずっと教会横で宴会でした。


酔うまでは生歌はいいけど、酔っぱらいだしたら、


ただのよっぱらいオヤジのカラオケ。


ウルサイです。


まぁね、でも、酔っぱらいたくなる気持ちも分かります。


日本なら、カラオケボックスの小さな空間で、


ネクタイをハチマキ代わりに熱唱しているサラリーマンってとこだなと、


青空カラオケができる、キミたちは幸せだね・・・などと思いながら夜明けを待ちました。


1月1日の今日は、長男は近隣の町と野球の交流試合へ、


長女と次女は、
IMG_1381.jpg
工作や絵の具で塗り絵を楽しんでいました。


そんな大晦日から新年の様子をお知らせして、


全くごあいさつになっていませんが・・・、


今年も1年よい年になりますように。
IMG_1382.jpg
今年はパパと長男が年男。