メキシコの片田舎に暮らして、丸8年・・・
間違いだらけのバイリンガル教育
2014年06月29日 (日) | 編集 |
子供たちが日本の小学校に6週間通って、


いろいろな行事を体験させてもらったけれど、


親として、一番楽しみだったのは、「家庭訪問」。


先生が各家庭を回ってくれて、個人的にお話ができるこんな機会があるって、


すばらしい。


時間は、10分限定。


お話を聞きたいことは山ほどあるけれど、話題は絞って、


日本語教育のこと。


日々、暗中模索で日本語を子供たちに教えている私に、


その道のプロにお話を聞ける機会を与えてもらえるなんて、


有難いー。


もう1つの楽しみだった「授業参観」で、すごくびっくりしたことがあって、


そのことを一番に聞きたかった。


それは、本読みの上手さ。


授業参観の科目は「国語」で、あるお話を班ごとに「音読」発表会。


声が大きくなったり小さくなったりの抑揚、


嬉しくなったり、悲しんだり、気持ちのこもった読み方、


すごく上手だった。


日本滞在中、音読は毎日の宿題で、


長男・長女が読むのを毎日聞かせてもらっていたけれど、


こんな風に読めるんだ!すごく上手ーー!ってびっくりさせられた。


メキシコの家でも、在メキシコ日本大使館で頂ける国語の教科書を使って、


声を出して読ませたりしているけれど、それとは全然違う。


どうやって??と先生に聞いた。


そこで気づいた、大きな間違い。


日本の学校では、どんな科目もまず「お手本を真似る」っていうポイント。


文字を習う時なんかが、まさに。


薄い文字のお手本を、はみ出さないように、きれいになぞることから始める。


例えば、音読の仕方も同じで、この順序で学ぶ。


1.まず先生が一人で、全部読む。


2.おっかけ読み。
1行1行、先生が読み、次に生徒が読む、を最初から最後まで繰り返す。


3.その後は、工夫して何度も練習。
・段落ごとなどパーツで読む。
・となりの子と読み合いっこをする。
・クラスを2つに分けて、向かい合って順に読むなど。


3.は、大人数だからできることがほとんどだけど、


1.や2.は家でもできる。


なのに、見本を聞かせる、真似させるということを、まったくしていなかった。


ひらがな・カタカナが頭に入ったら、ほらこの字知ってる~!読めるね~!と、


一人で読ませることにばかり気が行っていて。


大切なのは、拾い読みではなく、単語、単語で読む練習をすること。


例えば、「リスの子が、ドングリを見つけました。」を、


「り・す・の・・・こ・が・・・ど・ん・・・ぐ・・・り・を・み・・・」と、文字を拾いながら読んでいては、


なかなか上手に読めるようにはならず、話の内容も理解できない。


読んでいても楽しくない。読むのがキライになる・・・の負のスパイラル。


小さなうちは、
母「りすのこが」
子「りすのこが」

母「どんぐりをみつけました」
子「どんぐりをみつけました」


少し読めるようになれば、
母「りすのこがどんぐりをみつけました」
子「りすのこがどんぐりをみつけました」


と、真似させれば良かったんだ・・・。


私がやっていたのは、
子「りのこが」
母「りすっ!」

子「ど・ん・・・ぐ・・・」
母「どんぐりぃ(ため息まじり)」


揚げ足を取るようなやり方。


元々、読むのが好きな子ならまだしも、


得意でも好きでもない子には、まったく逆効果な教え方をしていたことに、やっと気づき、


今まで何やってたんだ・・・と、落ち込みました。


それから、家庭訪問で絶対に聞こうと思っていたのは、


長男の日本語力は、日本の何年生くらいかってこと。


担任をしていただいた先生によると「2年生くらいですね」と。


ちょうど1年遅れくらいの国語力。


「お一人で?すごいですねー!良く頑張ってますね!!」と先生にも褒めていただいたけれど、


いいのか、悪いのか・・・。


他にもいろいろと、国語力が付く方法を教えてもらった、


すべてが目から鱗。自分では、やっていなかったことばかり。


何やってたんだろ私・・・、と間違いだらけのバイリンガル教育を反省。


これから、また頑張ろぅっ!となればいいんだけど、


今までのことをやらずに、新しい方法を取り入れるか、何からどう始めたらいいのか、


ちょっと迷い気味なこのごろ。


ちなみに1年生の長女の日本語力は、「なんの問題もないですね。


他の子たちと同じレベルか、それ以上です。」と担任の先生。


そう・・・1年生までは、ね・・・わりとスムーズなんだけど、


それ以上の力を付けさせるのが難しいのです。
時・分/ジブン
2014年03月27日 (木) | 編集 |
4月からの日本の小学校通いに向けて、ラストスパート。


特に長男リィの国語。


2年生の漢字を完璧にしておきたい。文章も読みこなせるようになっておきたい。


受験生並みに、毎日根をつめて勉強しすぎて、教える私もヒートアップ。


終わった時にはどっと疲れが。


こんなの見ると、さらにめまいが。
IMG_4910.jpg
じぶんかって。


時分かって?


自分かってー。


漢字って、多すぎるわ。


↓クリックで応援、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
テーマ:海外の子育て
ジャンル:海外情報
ほんよむー!と日本語の基礎
2014年03月03日 (月) | 編集 |
4歳半の次女リサ。


自分で「ほんよむー!」と言い出すくらいまでになってきました。
IMG_4289.jpg
この、本にかぶりつく必死さ加減がカワイイ。


ホント3人目まで続かないかもって思ったけど。


いや~、がんばってよかった。(過去記事→)「どこかあきらめがあったかも


一文字、一文字、追いながらだけど、読みたい気持ちが大切。
IMG_4291.jpg


「は」を、「わ」と読むか、「は」と読むかは、何度も何度も読んで身に付くもの。
IMG_4300.jpg


とにかく今は文字を書いたり読んだりが楽しくて、「おべんちょーする~」と自らドリルを取りだす時期。


カタカナ学習中。
IMG_4303.jpg
長女リンのお古のドリル。消しゴムで消すの疲れるけどね。


迷路や線つなぎ、塗り絵やシール満載でカタカナが学べる楽しいドリル。
カタカナ 5~6歳 (多湖輝のNEW頭脳開発)カタカナ 5~6歳 (多湖輝のNEW頭脳開発)
(2007/04/03)
多湖輝

商品詳細を見る



「日本語で書きなさーい!」とか「話しなさい!!」とか強制する言い方は絶対にしませんが、


子供同士のやり取りは、会話だけでなく、読み書きも日本語であってほしいというのが望み。


今日は、お昼寝してしまったお姉ちゃんに、お手紙を書いて枕元に。


前にもらったお手紙を読みながら、お返事をとっても楽しそう~!に書いていました。


そういう姿を見ていると、嬉しくなります。


スペイン語は、学校でイヤでも教わってくるので、


小学校が始まるまでは、家で教える気はゼロ。


日本語の読み書きをまず植えつけて、基礎にして、外ではスペイン語に上書きされて、


また家で、リセットして、の繰り返し。


これ逆にスペイン語が基礎だったら、たぶんリセット効きにくいだろうなぁと感じています。


小学校まであと1年半。がんばらねばー。


日本帰省で幼稚園に通わせてあげたいなぁ。というのが今の願い。


いつも応援ありがとうございます。
読んだよーの↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
テーマ:海外の子育て
ジャンル:海外情報
かんじ・カンジ・漢字
2014年02月21日 (金) | 編集 |
9歳の長男リィ。


日本なら、小学校3年生の学年末のころ。


先日書いた長女リンと同じく(←リンクあり)、とにかく少しづつでも、


なるべく毎日、日本語の勉強を続けてきたけれど、


今は、この4月に日本の小学校に通うのに備えて、漢字を徹底勉強中。


とにかく文字が読めないと、国語だけでなく、大好きな算数も、他の教科だって、


教科書さえ読めなくなる。


でも、最近いいペース。やっと、やっと、文句も言わず、


学校から帰ってきたら、少し休憩して、ご飯を食べて、宿題やって、日本語の勉強、


のリズムが続いています。


となりの家のハトコくんと夕方5時ごろから野球をするようになって、


勉強が全部終わったら行ってよし!のルールが徹底できるようになったおかげ。


ここまで長かったぁ。


宿題が終わったら遊んでいいっていう決まりは1年生のころから。


でも、時間の区切りがなければ子供のほうも、親の方も焦ることがなく、


なかなか始めず、宿題やりなよーと声を掛けることもなく、結局ダラダラ。


さらに宿題に時間がかかると、日本語の勉強なんてもう全然やる気なし…な日もあって。


そんな時は、無理にやらせても何の効果もないので、「もういいよ」となってしまったり。


それでも細々とでも、なんとか続けてきたんだけど、やっぱりネックは漢字。


1年生の漢字はほぼ頭に入っていて抜けないのに、2年生の漢字は、


書ける漢字ないんじゃない?ってくらい、ぽーんと抜けてる。


2年生の時、何度も何度も書いたり読んだりが少なかったせいだろうなぁ。


復習が必要、ということで、


お手製漢字ドリルを作り、
IMG_4308.jpg
毎日4字づつ。


どうしても語彙が少ないので、既成のドリルは、リィには言葉が難しすぎる部分もあって。


語彙も増やしたいけれど、今は漢字を頭に叩き込む!ことが一番の目的なので、


なるべく聞いたことあるだろうなと思う言葉で、書いたり読んだりする練習。
IMG_4277.jpg
「ねぇ、『本』は『なんぼん』って読むときはテンテンつけたらいいのにね」って。


おもしろいこと言うなぁ…子供って。


お友達から頂いたお古の漢字ドリルもあるので、この復習が終わって、


日本で学校が始まるまでの間に、さらに追い込みで使う予定。


さらに3年生の漢字は、教科書に沿って、1日2つづつ。


これ、なかなかいいです。
漢字練習ノート 小学3年生 (下村式 となえて書く 漢字ドリル 新版)漢字練習ノート 小学3年生 (下村式 となえて書く 漢字ドリル 新版)
(2011/03/14)
下村 昇

商品詳細を見る



絵が楽しくて、こんな遊び心もあるので、お気に入り。
IMG_4309.jpg
時々、練習の枠がイタズラで塗りつぶされていたり、流されていたり、ヒモでひっぱられて次のページにあったり、


あとは、前にも書いた「教科書ぴったりテスト」と教科書を活用して算数と国語の勉強。


目標があると、お互いやる気がでます。


更新の励みに↓クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報
早ね早おき朝5分ドリル
2014年02月07日 (金) | 編集 |
4月に日本の新一年生の年齢の長女リン。


ひらがなもカタカナもしっかり書けるようになっているし、お手紙を書くのも大好きで、本読みも自分から。


長男リィとは大違い。


お兄ちゃんが「漢字・漢字」と必死にやっているのを、横からちょっかい出すので、


長男リィが1年生のころ、数ページでやめてしまったこれを。
くもんのすくすくノート 入学まえのかん字 (リニューアル)くもんのすくすくノート 入学まえのかん字 (リニューアル)
(2007/10/11)
くもん出版
商品詳細を見る

書きやすい漢字36字だけなので、簡単で、公文のくりかえし学習でしっかり頭に入る。


漢字を初めて習う子にはおすすめ。


新しく習うことが楽しくて仕方ないみたいで、ほぼ毎日必ず1ページ、2カ月で終了。


海外に住んで日本語を家で教えて、きちんと身につけるには、


この、毎日続けるってことが大切。少しづつでも。


そう思って、ネットで注文して日本からの荷物に入れてもらったシリーズ。
早ね早おき朝5分ドリル「小1文章読解」早ね早おき朝5分ドリル「小1文章読解」「小1けいさん」
(2010/01)
陰山英男
商品詳細を見る

1ページ当たり3~5問の問題で始まり、計算問題でも10~20問。


ちょっとずつ、でも毎日、続けて勉強するにはぴったり。


本当に朝に早起きしてできたらいいんだけど、学校の宿題の後にこの2冊と、


あとは、残りの44文字の漢字を、くもんのドリルをまねてノートに、問題を作って勉強しています。


4月の体験入学にも準備万端!


↓応援クリック下降中。ぽちっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村に参加しています。
テーマ:海外の子育て
ジャンル:海外情報