最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

明日から学校

長かった夏休みも、今日で終了。


こどもたち3人全員が小学生になって、本当にラクになったなぁ・・・。


夏休みが、ずっと楽しかったもんなぁ。
IMG_3014.jpg


こんなこと、初めて。


長い休みになると、毎日、毎日、どこへ行くでもなく子供たち3人が家にいるのが、


大変だった時期もあったけど、


この夏休みは、終わってしまうのが残念に感じるほど。


手伝いもよくしたし、
IMG_3013.jpg
皿洗い中。


毎日、落ち着いて勉強できたのが、よかった。
IMG_3012_20160822101349b69.jpg


休み中でもテコンドーの練習はあるから、


週に3回は、車で出かけられるのも気分転換。


や、ほんと、そんなこともないと、どっこも行くところないんですよ、うちの周り。


長男は、中学生に。


長女と次女は、二人で小学校へ行き来するようになります。


朝6時起きの、新しい生活が始まる!


弁当作りも、久々に再開。


パンもたくさん焼かなくちゃ。早く寝よー。

top↑

またもお預かり

8月に入って、二週目、


またもや市内に住んでる甥っ子が、バタバタっと家に入ってきて、


Me cuidas?(僕のお世話してくれる?)


イヤとは言えないしね。1週間お預かり・・・となりました。


その子のお母さんは、「1週間も、だけど・・・」とはいいながら、


「よろしく~っ」と市内の家へ。


子供のほうも、お母さんのほうも、気持ち分かるわぁ。


1つの敷地の中の4つの家を自由に行き来できて、


遊んでくれるイトコやおじやおばがたくさんいて、
IMG_2922.jpg


いつも優しく声をかけてくれるおじいちゃん、おばあちゃんがいる所は、


ママがいなくても、そりゃあ楽しいよね。
IMG_2930.jpg


ママはママで安心して預けられて、


仕事で忙しい毎日を1週間くらいラクに過ごせてラッキーってな感じかな。


週の真ん中で、一度だけ、夕方眠くなって泣きが入り、


スペイン語で4歳児をなだめながら、私も成長したもんだ・・・なんて。


さらに、近所に住んでる姪っ子のところの娘(同じく4歳)も毎日遊びにくるので、


うちの子たちは、


ちっちゃい子は、もういい・・・と食傷ぎみ。


何でも食べるし、基本言えば聞くので、そんなに難しい子たちではないけど、


確かに私も疲れたわー。


長男の中学校の入学手続きも終わり、もうすぐ休みもおしまい。
IMG_2918.jpg
書類提出だけなのに、長蛇の列(ふぅ~)。


変顔して待つ3人。
IMG_2916.jpg


さて夏休み最後の1週間です。

top↑

世界?ラテンアメリカ?最大??プエブラの観覧車

地元大阪に、日本一の高さの観覧車ができたとか。


高さは123m。


プエブラ市内にある観覧車は、そのサイズの2/3の高さ(80m)で、できたのは3年前。


プエブラの街なかを車で走っていると、よく見えて、
IMG_2833_20160802035851c61.jpg
いつか乗りたいね・・・と言ってからずいぶんたち、


この夏休み、テコンドーの試合でプエブラへ市内へ出かけた帰りに、念願叶い乗りました。


ギネス記録にも載っているとか。


プエブラの公式観光ガイドのページには、ラテンアメリカ最大の観覧車、


Wikipediaやギネスのページでは、


<移動式観覧車で>世界最大、と記録されています。


確かにメキシコは、遊園地のほとんどが移動式。


お祭りのある町、町を、ジェットコースターやメリーゴーランドなどなど、


いろいろな乗り物や遊具がコンパクトにたたまれ、運ばれて行く光景を、よく見かけます。


だけど、これ移動させるのは、ちょっと無理じゃないか?
IMG_2856_20160802035849fe9.jpg
ポーズしてるのは知らない人↑


とにかくギネスに載ってる大きな観覧車ってことで。


高い所は、苦手でもないのに、床は透けてないけれど足元ギリギリまでガラスなので、


真下が見えて、足元からス~っと。スリル満点。
IMG_2850.jpg


3人もキャーキャー楽しそう。
IMG_2839.jpg


市内はもちろん一望。


近くのラパスの丘や
IMG_2846.jpg


曇り空ながら、活動火山のポポカテペトゥルもきれい~!
IMG_2849.jpg


すぐそばには、観覧車を眺めながらのカフェや、
IMG_2858.jpg
コーヒーおいしかった!


プエブラの民芸品を売る小さなお店もあって楽しめます。
IMG_2861.jpg

top↑

母の日のプレゼント

火曜日は、メキシコの母の日でした。


五月の第二日曜日という日本やアメリカと違って、メキシコでは毎年5月10日。


小学校には、Arte(芸術)の教科書はあるのに、それらしい授業をやっている様子はなく、


今まで日本の図画工作のようなことはまったくしなかったけれど、


最近は、少~しだけど学校で作ったもの、というのを持って帰ってくるようになりました。


母の日にも。
IMG_1975_20160513011140302.jpg


長男は、なんと手刺繍。(周りのヒラヒラは、最初からついていたみたい。)
IMG_1979.jpg
メキシコの家庭に欠かせないトルティーヤを包む布です。


家で何かコソコソやってるなぁ~と感じながらも、


知らないふり。


でも時々、「ママ~糸通してー」と来るので、なんとなくは察知してましたが。


手作りのてさげ袋もカワイイです。


次女は、なかなか凝った作品を作ってきました。
IMG_1978a.jpg


<木製>の洗濯ばさみを持ってくるようにと、1週間前から言われていて、


探し回っても売ってなく、


結局、母の日前日に5色くらい入っているプラスチックのを1袋持って行ったら、


母の日に戻ってきたのは、10数個・・・。


いや、いいけどね。


持って来てない子は、持って来た子のを使ってよいというのが、なんとも。


でも、黄色だけ選んで作ってくれたのは、


「ままきいろすきでしょ」って。6歳にして母の好みをよーく理解している!


「ママがちゃんとわかるように、日本語でもかいといたからね」と


メッセージは、バイリンガルで。


長女は、漢字を一生懸命使った、お手紙をくれました。表はお花。
IMG_1977.jpg
最後のほうに、親、父、母、兄、姉、いもうとは忘れてしまって、てへぇ~と書いてあります。


やる気が起こらない時は、まったくがんばれない長女なのです。


自分のことをよーく理解できているのが、なかなか。


でもスイッチ入るとすごいのも長女。がんばれ!


毎日3人のお陰で、「母」親らしくさせてもらっています。ありがとね。
IMG_1942_201605130116553b7.jpg

top↑

釣れる釣りは楽しい

春休み最後の週末になって、やっとお出かけ。
IMG_1785.jpg


金曜日に行こうと計画していたら、


翌日の土曜日にハンバーガー100個の注文が入ってしまい、


前日にもし1日出かけてしまったら、夜中にパンを焼かないといけなくなる・・・ということで、


日曜日に延期。


私の用事を優先させたら、今度はパパが、土曜の夜中に畑に水が回ってくることになり、


朝4時まで畑で水やり。


寝不足のまま出掛けることになってしまい、キツかっただろうな・・・。


でも、やっぱり、ここは素敵!
IMG_1775_201604050537250f3.jpg
久々の釣り!


前に行ったの、1年半くらい前かなぁ・・・と前の日記を読み返してみたら、


2年前の二月。


2年以上も前だった~。


釣る気満々の長男が気持ちが先走ってか(?)、なかなか1匹目が釣れないので、


長女が「わたしもやるー」と代わった途端、
IMG_1723a.jpg
たて続けに2匹!


前回は、釣りとご飯で終わってしまったので、今回は散策も。
IMG_1758.jpg
5人で写真撮ったの久々。


水が湧き出ているところがあって感動したり、


こんなこともして、楽しかった~!
IMG_1744a.jpg
吊り下げられているのではなく、すべって来ています。念のため。


長男もしっかり4匹釣って、
IMG_1794_201604050555516fd.jpg
釣れるから、楽しい。


大人は景色見て、子供たちが一生懸命になっているのを楽しんで、


いい場所だ~。


さて、明日から学校です。

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。