最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

任務完了

10月中旬、ブログ経由で日本からお仕事の依頼を受けました。


今までにも、メキシコならではの写真を撮ったり、


旅行サイトに現地在住ならではの記事を書いたり、


テレビ番組の取材だったり、


日本からのお仕事の依頼を受けたことはあったけれど、


今回は、異色。


メキシコのローカル店舗を回ってご依頼のものを探してまわる。


ただ、探しているものが、はっきり指定されているわけではなく、


こんなようなもの・・・というぼんやりな感じ。


ふもとの町では、あまりにローカルすぎて、かすりもせず。結局、見つからず。


日本なら、ネットで探せば、たいていの情報は、どこかしらで発見することができるけれど、


メキシコのインターネット上の情報の、量の少なさ、アイマイさといったら・・・。


それでも、さがしていくうちに輪郭が少しづつ見えてきて、


死者の日のパンを毎日、毎日、こねながら、あぁでもない、こうでもないと、


頭フル回転。オーブンもフル回転。10月後半は、ものすごく忙しかった。


結局、地元では無理そうなので、まとめ買いをするときに出かけて行く大きな町へ。


その町の一番品ぞろえの良い店へ行き、


あいまいな「こんな感じのもの探してます・・・」ではなく、


「これ」ありませんか!と聞いてみたら、店頭にはなく、


店員さんには通じなかったけれど、


店舗奥にいた店主奥様(?)らしき方が、


お店の奥の奥のほうからゴソゴソと、ご依頼のものと思われる商品を・・・。


買った時点では不確かだったけれど、


持ち帰り、ご依頼主様に商品写真を送ってみると、おそらくこれだろうという反応。


FEDEXにて商品発送したのが、ご依頼から2週間後。


今日にはお手元に届く予定。


どうかお役に立てていますように。


はっきり内容を書けず、この記事、よくわからない内容だったかもしれないけれど、


このお仕事を通じて、感動したことが2つ。


日本のものづくりの精神、ホントすごい。


メキシコでもいろいろな場面で、日本製の製品に出会い、


その品質の良さを(自分が作ったわけでもないのに)自慢に感じたりするけれど、


やっぱり、この努力って簡単には真似できないだろうなと、今回も感じた。


そして、自分が日本で会社勤めをしていたころとは違う、仕事の依頼ルート。


会社から個人へ、こんな風に大切なお仕事を依頼することって、


当時はなかっただろうなぁと思う。


それだけフリーランスでお仕事をしている方も増えているということなんだろうし、


SNSの発達などで、個人とのコミュニケーションが容易になっているんだろうなぁ。


しかし、そんな大切なこと、私に頼んでいいのか?と思った反面、


絶対探し出してやるって、やる気にもなるね、個人指名だと。


とりあえず、任務は完了。気分スッキリ。11月を迎えました。

top↑

明日から学校

長かった夏休みも、今日で終了。


こどもたち3人全員が小学生になって、本当にラクになったなぁ・・・。


夏休みが、ずっと楽しかったもんなぁ。
IMG_3014.jpg


こんなこと、初めて。


長い休みになると、毎日、毎日、どこへ行くでもなく子供たち3人が家にいるのが、


大変だった時期もあったけど、


この夏休みは、終わってしまうのが残念に感じるほど。


手伝いもよくしたし、
IMG_3013.jpg
皿洗い中。


毎日、落ち着いて勉強できたのが、よかった。
IMG_3012_20160822101349b69.jpg


休み中でもテコンドーの練習はあるから、


週に3回は、車で出かけられるのも気分転換。


や、ほんと、そんなこともないと、どっこも行くところないんですよ、うちの周り。


長男は、中学生に。


長女と次女は、二人で小学校へ行き来するようになります。


朝6時起きの、新しい生活が始まる!


弁当作りも、久々に再開。


パンもたくさん焼かなくちゃ。早く寝よー。

top↑

またもお預かり

8月に入って、二週目、


またもや市内に住んでる甥っ子が、バタバタっと家に入ってきて、


Me cuidas?(僕のお世話してくれる?)


イヤとは言えないしね。1週間お預かり・・・となりました。


その子のお母さんは、「1週間も、だけど・・・」とはいいながら、


「よろしく~っ」と市内の家へ。


子供のほうも、お母さんのほうも、気持ち分かるわぁ。


1つの敷地の中の4つの家を自由に行き来できて、


遊んでくれるイトコやおじやおばがたくさんいて、
IMG_2922.jpg


いつも優しく声をかけてくれるおじいちゃん、おばあちゃんがいる所は、


ママがいなくても、そりゃあ楽しいよね。
IMG_2930.jpg


ママはママで安心して預けられて、


仕事で忙しい毎日を1週間くらいラクに過ごせてラッキーってな感じかな。


週の真ん中で、一度だけ、夕方眠くなって泣きが入り、


スペイン語で4歳児をなだめながら、私も成長したもんだ・・・なんて。


さらに、近所に住んでる姪っ子のところの娘(同じく4歳)も毎日遊びにくるので、


うちの子たちは、


ちっちゃい子は、もういい・・・と食傷ぎみ。


何でも食べるし、基本言えば聞くので、そんなに難しい子たちではないけど、


確かに私も疲れたわー。


長男の中学校の入学手続きも終わり、もうすぐ休みもおしまい。
IMG_2918.jpg
書類提出だけなのに、長蛇の列(ふぅ~)。


変顔して待つ3人。
IMG_2916.jpg


さて夏休み最後の1週間です。

top↑

世界?ラテンアメリカ?最大??プエブラの観覧車

地元大阪に、日本一の高さの観覧車ができたとか。


高さは123m。


プエブラ市内にある観覧車は、そのサイズの2/3の高さ(80m)で、できたのは3年前。


プエブラの街なかを車で走っていると、よく見えて、
IMG_2833_20160802035851c61.jpg
いつか乗りたいね・・・と言ってからずいぶんたち、


この夏休み、テコンドーの試合でプエブラへ市内へ出かけた帰りに、念願叶い乗りました。


ギネス記録にも載っているとか。


プエブラの公式観光ガイドのページには、ラテンアメリカ最大の観覧車、


Wikipediaやギネスのページでは、


<移動式観覧車で>世界最大、と記録されています。


確かにメキシコは、遊園地のほとんどが移動式。


お祭りのある町、町を、ジェットコースターやメリーゴーランドなどなど、


いろいろな乗り物や遊具がコンパクトにたたまれ、運ばれて行く光景を、よく見かけます。


だけど、これ移動させるのは、ちょっと無理じゃないか?
IMG_2856_20160802035849fe9.jpg
ポーズしてるのは知らない人↑


とにかくギネスに載ってる大きな観覧車ってことで。


高い所は、苦手でもないのに、床は透けてないけれど足元ギリギリまでガラスなので、


真下が見えて、足元からス~っと。スリル満点。
IMG_2850.jpg


3人もキャーキャー楽しそう。
IMG_2839.jpg


市内はもちろん一望。


近くのラパスの丘や
IMG_2846.jpg


曇り空ながら、活動火山のポポカテペトゥルもきれい~!
IMG_2849.jpg


すぐそばには、観覧車を眺めながらのカフェや、
IMG_2858.jpg
コーヒーおいしかった!


プエブラの民芸品を売る小さなお店もあって楽しめます。
IMG_2861.jpg

top↑

母の日のプレゼント

火曜日は、メキシコの母の日でした。


五月の第二日曜日という日本やアメリカと違って、メキシコでは毎年5月10日。


小学校には、Arte(芸術)の教科書はあるのに、それらしい授業をやっている様子はなく、


今まで日本の図画工作のようなことはまったくしなかったけれど、


最近は、少~しだけど学校で作ったもの、というのを持って帰ってくるようになりました。


母の日にも。
IMG_1975_20160513011140302.jpg


長男は、なんと手刺繍。(周りのヒラヒラは、最初からついていたみたい。)
IMG_1979.jpg
メキシコの家庭に欠かせないトルティーヤを包む布です。


家で何かコソコソやってるなぁ~と感じながらも、


知らないふり。


でも時々、「ママ~糸通してー」と来るので、なんとなくは察知してましたが。


手作りのてさげ袋もカワイイです。


次女は、なかなか凝った作品を作ってきました。
IMG_1978a.jpg


<木製>の洗濯ばさみを持ってくるようにと、1週間前から言われていて、


探し回っても売ってなく、


結局、母の日前日に5色くらい入っているプラスチックのを1袋持って行ったら、


母の日に戻ってきたのは、10数個・・・。


いや、いいけどね。


持って来てない子は、持って来た子のを使ってよいというのが、なんとも。


でも、黄色だけ選んで作ってくれたのは、


「ままきいろすきでしょ」って。6歳にして母の好みをよーく理解している!


「ママがちゃんとわかるように、日本語でもかいといたからね」と


メッセージは、バイリンガルで。


長女は、漢字を一生懸命使った、お手紙をくれました。表はお花。
IMG_1977.jpg
最後のほうに、親、父、母、兄、姉、いもうとは忘れてしまって、てへぇ~と書いてあります。


やる気が起こらない時は、まったくがんばれない長女なのです。


自分のことをよーく理解できているのが、なかなか。


でもスイッチ入るとすごいのも長女。がんばれ!


毎日3人のお陰で、「母」親らしくさせてもらっています。ありがとね。
IMG_1942_201605130116553b7.jpg

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。