最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

禁止ワードって?

ブログを始めてから、自分のブログにコメントが入ると、こんなにも嬉しいものなのかと知った。

メキシコに越してくる前から、メキシコ関連のブログやホームページを、まさに、読みあさっていた私。おかげで、自分が体験してきたかのように、メキシコ人の気質や、メキシコのいい加減さや、メキシコ料理のおいしさを受け入れ理解できるようになっていた。

なのに、さんざん読んでおきながら、1度も他人のブログにコメントを残したことがなかった。

でも、コメントの喜びを知って、最近は他のブログにも少しずつコメントを残すようになった。ところが、特に私の使っているFC2ブログに多いのだが、「スパムコメントです」とか「不正な入力です」とか言って、コメントを拒否されることがとても多い。

このFC2ブログには、「おまかせ禁止ワードフィルタ」いう機能がついていて、FC2ブログで設定した、禁止ワードがあって、コメントの中にその言葉が入っていると、自動的に送信が拒否されるような仕組みになっている。

確かに変なアダルトサイトからの入力や、本文に関係ないコメントが入ったりしない良さはあるんだと思う。でも、せっかく打ったものが、さて送信しよう、と思った時点で拒否されたら結構ショック。何がいけないんだろう、と怪しそうな言葉を消したり、打ち直したり・・・、それでも拒否されたら、今までの労力はなんだったの~?と思う。

禁止ワードがわかっていれば、それを使わないようにするんだけど、それが何かわからないから余計困る。

私が他のブログにコメントを残せなかったことがあるということは、私のブログに誰かがコメントしようとして、できなかったことが絶対あるはず・・・、と思っていたら、やっぱり先日、「本を読もう」の記事にコメントしてくれた友達がそう言っていた。貴重な時間を使って打ってくれたコメントなのに。ごめんよ~。

何か改善方法はないのかな。

今日も訪問ありがとうございます。
↓ 1クリックお願いします。     お手間ですが、もう1押し↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:独り言
ジャンル:ブログ

top↑

メキシコにおいしいコーヒーってないの?

メキシコはコーヒー豆が採れる国。

コーヒーベルトといわれる、コーヒーの栽培に適した気候や土壌を持った、
赤道をはさむ北緯25度、南緯25度の間のベルト地帯にも入っている。
標高も高い。おいしいコーヒー豆が採れる条件を満たしているはずなのに、
まだ好きなコーヒーに出会えない。

今までスーパーマーケットで売っているレギュラーコーヒーは高いものから
安いものまで一通り試してみた。お義母さんの実家はコーヒーで有名な
ベラクルス州なので、おいしいといわれるコーヒーも買ってみた。

でも・・・、
煎りが浅いのか? 全然ボディがない。パンチがない。
包装技術の問題か? 香りがない。アロマがない。

新卒当初、某コーヒー会社に勤務していた私。直接コーヒーに関わる仕事は
していなかったものの、知識だけはいろいろと得ることができ、本当におい
しいコーヒーもたくさん飲ませてもらった。

何かの話で、コーヒー生産国ではおいしいコーヒーは飲めない、なぜなら
おいしいものはすべて輸出用で出てしまうから、と聞いた覚えがある。
今なら、本当かも、と思えてしまう。

アメリカでも、うわっ!おいしい~と思うコーヒーには出会えなかったんだけど、
メキシコのコーヒーはもっと悪い。

何しろ、コーヒーのいれ方が、煮出す、という方法。

お義母さんがコーヒーを鍋で煮出しているのを見て、え~、なんて邪道な
いれ方!えぐみとか出ちゃうんじゃないの?と最初はびっくりした。

でもメキシカンコーヒーって、Cafe de Ollaといって煮出す方法が一般的
なんですね。私が今飲んでいるコーヒーもパッケージに書いてあるいれ方
を見ると、沸騰したお湯の中にコーヒー粉を入れ、さらに2,3分沸騰させる、
とある。

この煮出す用のコーヒーをペーパードリップなんかでいれた日には、うっす~。
単なるコーヒー色のお湯で、まずくて飲めません。最初は知らずに、コーヒー
メーカーでドリップ式でいれてのんでいたので、ほんとまずかった。
今はメキシコ式に、鍋で煮出しているので、少しはましだし、少量のコーヒーで
済むので経済的でいいけれど。

毎朝起き抜けにコーヒーを飲むのが習慣になってしまっているので、
ぱちっと目が覚めるボディのあるコーヒーが飲みたい!

たまに街角で見かけるThe Italian Coffee Companyって
どうなんでしょう。おいしいコーヒー豆とか売ってるのかな。

田舎暮らしの楽しみに、ランキング参加中です。
↓ 1クリックお願いします。     お手間ですが、もう1押し↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

メキシコに網戸ってないんでしょうか?

この辺ではまったく見かけないのですが、
メキシコには網戸(あみど)はないのでしょうか。

こんなことを自慢するのはとても嫌ですが、
メキシコに来て上手になったことといえば、ハエたたき。

うちを含む村中のほとんどの家(旦那いわく90%)で、
家畜を飼っているので、ハエはつきもの。

日本には、豚を水洗便所付きで飼育しているところがある
そうです。そんな所ならとても清潔で、ハエなんて生存して
いないのかもしれませんが、ここはむしろ、不潔。
ハエが発生する時期は、それはそれは、うじゃうじゃいます。

全然気にせず、窓を開けっぱなしで生活している方たちもいますが、
うちはハエ進入、絶対禁止!

パパもちょっとでもドアが開いていると、閉めろー、とうるさいし、
ハエたたきは、つねに手に届く場所にかけてある。

でもこれだけ暑くなってくると、窓を開けて涼しい風を入れたい。
掃除の時は窓を開けたい。子供が裏で遊んでいて、私が料理をして
いる時は、勝手口を開けて声がよく聞こえるようにしておきたい。

でも、そんなことしたら、部屋中ハエだらけ。絶対許されません。
網戸があればなぁー。この1年のうちに何回思ったことか。

パパ曰く、特注で作らないとない。
でももし作るとしてもアメリカでも使っていた、はめ込むタイプ。
窓にレールが無いので、日本みたいにもう1枚の窓みたいな網戸は無理。

せっかく作ったリビングの大きな窓も1年間閉めっぱなし。
確かに敵はハエだけではなくて、蚊を初めいろんな虫も、
砂ぼこりもすごいし、開けないほうが無難かもと思うこともある。

でもこうやってブログを書く、夜の貴重な時間を、
夜風にあたりながら気持ちよーく過ごしたい。

田舎暮らしの楽しみに、ランキング参加中です。
↓ 1クリックお願いします。     お手間ですが、もう1押し↓
                    にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ

テーマ:メキシコ
ジャンル:海外情報

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。