最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR
  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top↑

チレの赤ちゃん

チレ(唐辛子)に、花が咲きだしました。
IMG_0351.jpg
花の中心に、注目!


ここまでの成長は、こちら→「チレの成長


花が枯れて、しぼんで、
IMG_0352.jpg



落ちると、
IMG_0354.jpg
ミニ・ミニ・チレとめしべが残り、


少し大きくなったところ。
IMG_0353.jpg
かわいいっっ!!


5月のお祭りでモレを作った時のチレの種。


何種類ものチレが混ざっているので、どれが、どのチレか、まだ分かりません。


成長が、さらに楽しみ!

top↑

トウモロコシにつくキノコ

そろそろ、トウモロコシのシーズンも終盤。


あちこちの畑に時期をずらして種まきしてくれたおかげで、


長い間、たくさん楽しめたトウモロコシ。
IMG_0058a.jpg


最後に種まきした畑のトウモロコシを、昨日は、焼トウモロコシで楽しみました。


こうやって食べられるのも、あと1週間ほどでお仕舞。


あとは、トルティヤの材料にするために、どんどん乾燥して固くなっていくのを待つので、


畑で採ってくるトウモロコシも来年までおあずけです。


昨日は、その畑の中から、
IMG_0061.jpg


キノコ付きのトウモロコシを見つけて、持って帰ってきてくれたパパ。
IMG_0157_20140909005911e18.jpg
Huitlacoche(ウイトラコチェ)過去記事リンク」という、トウモロコシに付くキノコです。


皮をむくと、中身はこんな。
IMG_0175_20140909005912651.jpg
これを最初に食べようと思った人、勇気あるな。


去年までは、お義母さんに料理してもらっていたけれど、


お義父さんが、「お義母さんに教えてもらって作ったら?」と言うので、教えてもらいました。
IMG_0179.jpg
包丁で削いで、


玉ねぎと、ニンニクのみじん切りと一緒に油で炒めて、塩味だけ。簡単でした。


最後にエパソテというメキシコのハーブを入れるとさらに美味。
IMG_0184_20140909005913aab.jpg
トウモロコシの粒の部分も、一緒に削いで炒めるとよし。


このままトルティーヤで巻いて、Taco(タコス)にしてもいいし、


チーズと一緒にトルティヤに、はさんで焼いてQuesadilla(ケサディヤ)にしても。
IMG_0189_2014090900590768e.jpg


トウモロコシの種にもいろいろ種類があって、


ウイトラコチェが付きやすいものと、そうでないものがあるので、


うちでは毎年、一、二回しか楽しめないもの。今年も最後に食べられて、よかった~。

top↑

チレの成長

前記事の、マンゴの芽の成長は、ゆ~っくりなので、時々存在を忘れるくらいだけれど、


チレ(唐辛子)は、毎日の成長が楽しみ。


ばら蒔いておいた種が、好き勝手にワッサワッサ生えて、すごいことになっていたのを、


お義父さんが、きれいに植え直してくれました。
IMG_0151.jpg
さすがっ!!


こんな畝が、庭の3か所に分けてきれいに並んでいて、美しい~。


最近、花のつぼみが見えてきました。
IMG_0149_20140906094221b12.jpg


自分で蒔いた種から育った唐辛子を採って、サルサを作る日が楽しみ。
IMG_0148.jpg
うれしいねぇ。

top↑

マンゴの芽の成長

マンゴの芽が出たことを書いたのは、2か月前。7月の初めのこと。


あれ、どうなりました?って、一昨日家に遊びに来てくれた友達に聞かれて、


育ってるよ!!あとで見せるねーって言ってたのに、すっかり忘れてた。


だから、ここで。
IMG_0152.jpg
こちらが、育ちのいいほう。


もう1つは、芽が出たのは早かったけど、茶色くなってしまった。
IMG_0156.jpg
左側に突き出ているのが、根っこ。芽は種に重なっているので、見えにくいかも。


土に入れて、太陽に当てた方がいいのかなぁ。

top↑

マンゴの種、発芽。

メキシコでは、マンゴは皮をバナナのようにむいて、丸かぶりで食べるのが基本。


なので、食べ終わると、きれい~に種が残る。
IMG_6367.jpg
この種を、そのまま土に埋めても、芽が出たことは一度もなく。


確かに、いろいろな種類の果物の木があるこのアタリでも、


マンゴの木がある家って聞いたことないから、難しいんだなぁと思っていたら、


種の中に、さらに種が入っていると知り、


やってみた。
IMG_6369.jpg
固いカラをパカッと開けると、こんなものが出てきます。


さらに、茶色の薄皮を取り除く。
IMG_6502_20140707041549760.jpg
この薄皮を、きれいに取り除くのが難しい。


でも、このそのまま水に漬けておくと、腐る原因になるので、きれいに取った方がいいです。


種の表面が少し水から出るくらいにつけておくと、
IMG_6567.jpg
なんか出て来た~!!(↑1ヶ月過ぎた状態。)


お水は、毎日変えた方がいいみたいです。


さて、木になるかな・・・。

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。