最新記事

全記事表示リンク

プロフィール

HIROKO

Author:HIROKO
メキシコはプエブラ州の片田舎で3人の子供たちとメキシコ人の旦那やその家族と暮らしています。田舎ならではの暮らしぶりや子供達の成長を綴ります。

登場人物:3人の子供達=長男(11歳)、長女(8歳)、次女(6歳)、旦那=パパ、・・・と、その他大勢

最新コメント

カテゴリ

FLAG Counter

(2012/5/29からの累計) free counters

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

時差ボケつらい・・・

10日から2週間かかる時差ボケ解消。


日本からメキシコへ戻ってきたときの、時差ボケは、


メキシコから日本へ着いたときのそれと比べて、格段にキツイ。


徹夜明けのようなボ~っとした状態が、何日も何日も続き、


夜中に究極におなかがすいたり、


昼間に座ってもいられないくらい、突然の眠気に襲われ、


朝でも、夕方でも、横になったが最後。熟睡。


その間でも、容赦なく、


家族親戚が、日本から持ち帰った古着を求めて訪れ、


日本のお菓子や雑貨、服やアニメグッズを求めて、


玄関先の店も、ドアが叩かれる。


パンはまだ焼かないのか?アイスはまだか?と、


そうそう長くは休ませてもらえない。


求められる存在なのは喜ぶべきだけど、


体が動かないのですー。


日本へ出発する前は、ほとんどの食材を使い切って出かけるので、


家のご飯も、お店のパンなどの材料も、


すべて一から買い物することになり、何が必要なんだか、


考える頭も回らず、アレがないコレがないーーの毎日。


「バケーションからやっと戻ってきたのね~」


なんて呑気なこと言うオバ様方には、全否定で、


「バケーションなんかじゃありませんっっ!!」と


思わず語気を強くしてしまいます。


もちろん日本は、過ごしやすいことこの上ないし、


何をやっても楽しことばかりだけど、ただただ遊びにだけ帰るわけじゃないのでね。


とはいえ、、、遊びといえば、写真を見返すと、


雪もあれば、
IMG_3870_20170408134032e3e.jpg


海遊びも満喫するくらい、
IMG_4274.jpg


帰るころと、到着した時の季節がすっかり変わり始めている、


長期の帰省。


いつものことながら、超々!充実!の日々でした。


自分のことも、子供たちのことも、それに日本の家族のことも、


いろいろなことに腰を据えて取り組めた2ヶ月。


お世話になった皆様、本当にありがとうございました。


とにかく楽しかった!その一言に尽きます。


明日から、子どもたちは春休み。


体も落ち着いたところで、


また日本語の勉強、始めないと・・・。2週間も休んでしまったので。

top↑

宿題も終わったし

ただ黒く塗りつぶしているかのようですが、
IMG_3599.jpg


うらには、お金。
IMG_3602.jpg
メキシコの国旗の絵を描くときは、紙の裏にコインを置いて、写し絵すると簡単。


結構難しい絵なのに、幼稚園のころから国旗の絵を描く宿題はよく出る。


いつもは描かせるところですが、急いでいるので、簡易方式です。


2月24日の国旗の日の宿題を、前もってやっているところ。


日本へ滞在する間、宿題を出す先生と出さない先生と、いろいろ。


今回の次女の担任は、去年の長男の担任の先生と同じ。


去年も、期間中に進むはずの問題集は全部解いてくること、が宿題だった。


日本で夜中まで長男とタブレット片手に調べて、調べて、頑張った日もあったな。


今年は1週間前にプリント20枚を渡されたので、


これは出発前にやってしまおう!と頑張ったら、あっさり2~3日で終了。


あとは問題集のBloque3(第三章)も、全部終わらせていけば、荷物が減る!


日本の学校の宿題とメキシコの宿題のダブルの勉強に、日本で重荷に感じることもなくなる!


ということで、おにいちゃんたちがテコンドーの練習をしている横で、宿題。
IMG_3598.jpg


おいしいタコスも、食べたし
IMG_3596.jpg
牛タン!


大好きな緑のジュース(サボテン入り~♪)も飲んだので、
IMG_3595a.jpg
心置きなく(100%ではないのが残念)、日本へ。

top↑

節約しない

長男と同じ中学校へ越境通学している村の子供たちは、各学年に3~5人。


全部で10人強のうち、バスが出ているふもとの町まで、自転車で通っているのは、長男だけ。


朝は、6時45分に1本だけ乗合バンが出ていて、村からふもとの町まで6ペソ。


ふもとの町から学校までバンかバスに乗って、さらに6ペソ。


そこ、半額になったら、大きいと思うんだけどなぁ・・・。
IMG_3590a.jpg
毎日、床に全部ノートと教科書を広げて、時間割。


公共の自転車置き場なんてないけど、親戚の家にとめさせてもらうとか、


自転車修理屋さんに置かせてくれたり、それなりに方法はあるし、


メキシコの過保護すぎるお母さんたちは、「かわいそう~」なんていうけど、


確かに、行きは極寒、帰りは汗だくだけど、たった5~7分程度の距離。


さらに長男の話では、弁当を持って来ている子が、クラスに数人しかいないとか。


「今日はボクだけだった。」なんて日もあって、


そこ節約したら、大きいと思うんだけどなぁ・・・。


毎日ご飯に10ペソ、20ペソ払い、プラス、バス代。


やれ貧乏だとか、お金がないとか、みんな散々言うけど、


使い方、間違ってると思わないのか?


ないなら、ないなりの節約を考えたらいいのに。


トゲのある植物の多いメキシコ。
IMG_3589.jpg
自転車タイヤのパンクは日常茶飯事。こんなのが刺さります。


はー、そんな自転車&弁当生活も、あとちょっと。


もうすぐ、1年2か月ぶりの日本へ。

top↑

ひと鍋でポソレを作りたい

前置きが長くなりますが、


ポソレというスープ料理について。


Maiz Pozolero(マイスポソレロ:ポソレもろこし)とも、


Cacahuazitle(カカウアシントレ)とも呼ばれる、


大粒(ふつうのコーンの4~5倍の大きさの粒)のトウモロコシを使った料理。


このトウモロコシは、なにもこの料理だけでなく、トルティーヤにもなるし、


焼きモロコシにもなる、単なるトウモロコシの種類の1つ。


こちらが、商品化されている下ごしらえの済みのポソレ用トウモロコシ。
IMG_1443.jpg
スーパーでも、小さな商店でも、たいてい扱いがあります。


このトウモロコシの粒が、豚骨スープと、ハーブと共に煮込まれて、


うまみを吸収したのが、おいしいポソレ。


メキシコに住み始めたころ、


ポソレという料理がおいしい!というのを、


メキシコ在住の方々のブログで読んでいたのに、


お義母さんもお義姉さんも作らないし、


うちの大家族さんたちは、ポソレ・・あんまり好きじゃない・・って人が多くて、


確かに、たまに差し入れでとなりの伯母さんから届くポソレは、


油ぎってるわりに、コクがなくて、ウマい!という一品ではなく・・・。


長男の小学校のクリスマス会で食べたポソレも、


やたらと真っ赤で、コーンの粒が固めで、これもまた、イマイチ。


この辺ではおいしいポソレは食べられないんだなと、あきらめていたところへ、


プエブラ州の中で、おいしいポソレが食べられると評判な、


Izucar de Matamorozへ行ったときのこと。


その日食べたのは、白のポソレ。見た目は、なんてことないのに・・・、


旨みがすごい!おいしい!(その日の記事


おいしいポソレを食べると、


やっぱり家で自分で作ってみたい・・・となるもの。


レシピを調べに、調べ、自分で作ってみたら、おいしい~~。


こだわったのは、一鍋で一度にできること。


肉を茹で、スープをとって、トウモロコシを茹でて・・・と手間がかかるレシピは、続かないから。


その日から、ポソレはうちの定番料理になり、大家族にふるまうまでに。


さて、肝心のレシピ。


RECIPE  ポソレ・ブランコ(6Lの圧力鍋ひと鍋分)
ポソレ用トウモロコシ 1袋 (写真は記事の一番最初↑に)
骨付き(←重要)豚肉 500g~1kg(量はお好みで)
玉ねぎ 大1個
ニンニク 2かけ
塩 大さじ1
オレガノ 大さじ2杯
IMG_1444.jpg
オレガノだけでもおいしいですが、私はオレガノ入りの↑このスパイスを愛用。


(作り方)
1、ポソレ用トウモロコシをよく洗い、ざるに上げる。(お米を洗う要領です。)
IMG_1445.jpg

2、豚肉は洗い、ニンニクは半分に、玉ねぎは4つに切る。
IMG_3048_20170115231302092.jpg
(私は背骨肉(Espinazo)を好んで使っています。)

3、圧力鍋に、1のトウモロコシ、ニンニク、玉ねぎ、オレガノ、塩、豚肉を順に入れ、すべての材料が浸かるくらいの水を足す。
IMG_1446.jpg
写真は、水を足す前。水はたっぷり入れてください。

4、鍋を火にかけ、圧力鍋の重りが回り始めてから、30~50分調理する(時間はお持ちの圧力鍋によって調節してください。)

5、火を止め、圧力が下がるまで放置し、フタが開けられるようになったら、中の豚肉だけ取り出す。

6、豚肉が手で扱えるくらいに冷めたら、身をほぐして鍋に戻し、塩で味を調節して出来上がり。
IMG_3067_20170116042004388.jpg


ご存知の通り、ポソレはこのスープの上に、レタスやラディッシュ、アボカドなどをトッピングして食べると、さらにおいしいです。


赤のポソレは、これにひと手間加えるだけ。またいつかレシピを載せます。

top↑

新年あけましておめでとうございます

明日(1月2日)から学校。


新年らしさが全くないメキシコ。


ネットニュースの、紅白歌合戦の話題なんかで、あぁ大晦日だなぁ、


日本からのあけましておめでとうのメールで、新年なんだなぁと感じる程度。


昨日は、夜中の3時ごろまで大音量のダンス大会が催されていたので、


そういうのが、ここでは新年らしさなんだろうな。


子供たちと一緒に11時ごろ寝たので、’らしさ’には参加せず、’騒音’と感じるだけ。


昨晩は、12月に入って3度目のお抱えシェフ。


今度はメキシコ料理なので、次の日の分も作れるくらいの予算の余裕。


コンロからはみ出るほどの大鍋に、ポソレ30人前を作りました。
IMG_3566.jpg


ポソレのレシピは明日にでも、ブログに載せよう。
IMG_3568.jpg
白い大粒コーンのスープに、


生野菜をたっぷりのせて食べる。
IMG_3569.jpg
おいしいよね~。


今日、1月1日は、子供たちが起き出す前から、


義姉にグラノラの作り方を教えてもらって、
IMG_3570_20170102043345eb4.jpg


冬休みの間、料理ばっかりして過ごしたなぁ・・・。
IMG_3572.jpg
このままでも、すごくおいしいけれど、ヨーグルトと一緒に食べると、最高!


・・・そんな年末年始でした。


更新頻度もバラバラなこのブログ。今年も1年よろしくお願いします。

top↑